日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 胃が抵抗する ]
2005-07-31(Sun) 22:57:10
これまでの3分の1かそれ以下でもいい。

きのう,というか今朝早い時間まで飲んでいたからか,夏ばてのせい
か,食欲が極端に落ちている。


日中,本屋さんに買い物に出かけたついでに何か食べようと思ったが,
定食屋で一人前を食べきる自信がなかったので,分量を自分で調整でき
る回転寿司屋に入った。

座ってはみたものの,特に食べたくもなかったが半ば無理やりに口に
放った。

限界まで食べた量が皿にして3枚。
それに,あがりを1杯だけ頂いて店を出た。


明日から8月。まさに夏の最中。
このままバテ気味な胃でいると,随分痩せれそうな気がしてきた(^-^;。

(Sunny)
(05.07.31 Sun. 11:00p.m.)
スポンサーサイト
diaryTB : 0CM : 0
  [ 飲み会 ]
2005-07-30(Sat) 23:59:00
仕事が終わってから,上野で大学時代の友達4人と,うち2人の
嫁さんの計7人で落ち合って飲んだ。

2組の既婚組は1組は1月に,もう1組は5月に入籍したばかりの
新婚さんだ。


話題はいつもの通り,学生時代の話しだったり仕事の話しだったり
するわけだけれども,随所に新婚さんの家庭の話題が混じる。

仕事から帰って来た彼をやさしくいたわる嫁さんの姿とか,帰りが
どんなに遅くなっても一緒に夕ごはんは食べるようにしているとか,
嫁さんはやっぱり一番大事だ,とかそいう話しを聞いていると,
こちらまで幸せになってくるし,それに,結婚っていいなぁって
心から思った。


終電の時間のことを誰もが気にせず,ふと気がついたのは深夜2時。
このまま朝まで飲み続けることになったが,とうとう朝を迎えた頃
には,全員がすでに限界だった。

学生時代のように朝までゲンキに飲んでいることがいつの間にか
できなくなっているけれど,ときにはこうして朝までたわいもない
話しをしたいなぁ。

んで,将来のいつかそれぞれの嫁さんつれて一緒に飮めたらきっと
楽しいかなぁ,なんて思った。

(Sunny)
(05.07.31 Sun. 10:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 洋食屋さん ]
2005-07-30(Sat) 17:51:36
JR中野駅北口を出てサンモールに入る直前を右に行き,
ケンタに突き当たったら,左,右と進む。駅からおよそ100m。
ここに理想像に極めて近い洋食屋さんがある。

もしかすると,自分の理想像にある洋食屋さんはこの店から
来たものと言っても過言でないほど。

だから,理想の原点の店(^-^)。


店名はずばり,“洋食屋さん”。
ここが街の洋食屋さんであることを,看板自らが主張している。

店内は,いかにもレトロな感じで,見た感じ,夫婦とそのお母さん
の3人で切り盛りしている。


ここでかつて,就職のこと,大学院進学のこと,いまやりたい仕事
ってなんだろうってこと,いろいろなことを考えた。

あのときと何にも変わっていない店内に,安心した。


どのメニューもおいしいから,どれを頼もうか随分迷ったけれど,
きょうは生姜焼ランチをオーダーした。

おいしくて,やさしい味がなんともうれしかった。


きっと店長は,自分のことなんて憶えていないに違いないが,
“あれから4年,いろいろなことがあったけれど,いまこうして
なんとか元気に過ごしています。”
と,心の中でひとり,つぶやいた。

(Cloudy)
(05.07.30 Sat. 5:50p.m.)
diaryTB : 1CM : 0
  [ 早朝出勤 ]
2005-07-29(Fri) 00:00:00
朝8時ころ事務所に副社長が来るので,それより前に出勤しろと
いう指令が前日より出ていた。

何時に着いたらいいのかよく分からなかったので,とにかく横浜
の事務所に行くときに乗っていた,川口発朝6時半ころの電車
に乗ればまぁ,文句を言う人もいないだろうとそれで通勤した。


事務所には7時15分着。

まだ電気も点いておらず完全に無人だった(^-^;。
よっぽど早すぎたみたいだ。


この日は一日中眠かった。

朝早い電車で来たというのはもちろんそうだが,横浜に行っていた
ときは電車で少しでも眠ることができたのだけど,きょうはただ
早い電車に乗ったというだけで,不足した睡眠を補うことができな
かった。

日中,クルマを運転したが,どーしても眠くて少しの間,居眠り運
転をしてしまったほど・・・。いや,ほんとに危なかった(>_<)


うちに帰ったら早く寝ようとは思っていたが,夜になるとどうも
ゲンキになるので,結局,寝る時間はいつもと変わらず睡眠不足は
また累積した(^-^;。

(Sunny)
(05.07.31 Sun. 10:30p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 話し態度にイライラッ! ]
2005-07-28(Thu) 00:00:00
東京・板橋区内にある某お寺さんを訪問した。

国の政策で行なう電線共同溝工事の概要について説明する
つもりだった。


身分を明かし,証明書をもってしても尚,突然の訪問者を
怪しむ気持ちも分からないでもない。

しかし,あの,上からモノを言う態度だけはなんとかならん
のか!?


仮にも彼らは寺の人間として檀家さんたちに説教してそれを
生業としているはずだ。

あんな上からモノを言う態度で説教したって檀家さんたちに
説教の意味さえ伝わるはずもない。


まくしたてるような物言い,一生懸命な説明を求める割には
責任者でないと分からないというトンチンカンな答え。

ちょっとイラッと来て,瞬間アツクなってしまった。

“だからー!こうなんです!”
みたいな感じで言ってしまった(^-^;。ダメだね・・・。


後日,責任者のところに再訪問することになったが,責任者
こそきっちりした人であって欲しい。

(Sunny)
(05.07.29 Fri. 0:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ けんか ]
2005-07-27(Wed) 23:43:25
けんかした。

いや,けんかぢゃない。
自分が書いためーるの内容があまりに軽率なものだったから,
彼女はそれにひっかかったのだ。

あの内容からすればそれも当然だった。


昼休み,公園のベンチで休みながら考えた。

ひどく傷つけたこと,浅はかな考えだったこと・・・。
申し訳なくて・・・反省した。




・・・うまく言えない。
むしろ,言っちゃいけないのかもしれない。

けど・・・真の答えはひとつ。
うそはつきたくない。

(Sunny)
(05.07.27 Wed. 11:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 知らされなかった帰宅命令 ]
2005-07-26(Tue) 23:10:49
バンヤン(台風7号)迫るきょうの関東地方。
きょうも昨日に引き続き板橋区内へ外回り。

断続的に降り続く雨は時折叩きつける雨となり,台風が接近
していることを物語った。


10~17時まで歩き通す。
せっかくきれいに折り目のついたスーツもいつの間にか湿気
で単なるストレートのだらし無いスーツに変わった(>_<)

帰りの首都高5号は大渋滞。
反対車線の早稲田付近で3台が絡む追突事故があったらしい。

5号から引き続き渋滞するC1から八重洲線を抜けて三田の事務所へ。


18時半過ぎ,事務所に戻るとすでに人があまりいない。
聞けば,15時に帰宅命令が出たとのことで,皆さん帰宅された
とのこと。

あれあれ,帰宅“命令”なのに,そいう通知がなかったけど(^-^;。

もっとも,風雨ともに小康状態が続き台風を意識する間もなく
通りすぎていったようなので,命令した方も損したと思っている
とかいないとか・・・。


明日も一日中,板橋区内を徘徊予定。
台風一過で猛烈な暑さになるという予報につき,気をつけなければ
ならないが,最近食べれる量が急速に減っているのは気のせいか(>_<)

(Rain)
(05.07.26 Tue. 11:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 忘れ物 ]
2005-07-25(Mon) 23:54:34
朝寝坊気味に起きて,慌ただしく準備して家を飛び出る。

エレベータホールまで行って,財布を持ってくるのを忘れたと
引き返す。


再び,家を飛び出し駅まで走る。

駅まで行って,定期を忘れたと走って家まで戻る。


もうこれで忘れ物もないだろうと,来た電車に飛び乗る。

車内でまた気がつく。
きょうは一日外回りの日なのに,ネクタイを忘れた・・・(>_<)


事務所に着いて,名刺を持っていざ外出。

が,横浜の事務所に大多数の名刺を忘れてきてることを思い出す。
早速,横浜の事務所に電話して送ってもらうことに。


きょう,一体いくつの忘れ物をしたんだろう・・・。
ことごとく詰めの甘い一日だった。

(Sunny→Rain)
(05.07.25 Mon. 11:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 大型液晶テレビ ]
2005-07-24(Sun) 00:00:00
浦和の友達と買い物に出かけた。

先週の日曜日,自分はコンタクトを,彼はメガネを作りこの日,
出来上がったメガネを取りに行くついでに昼ごはんでも食べよう
と誘われた。


彼は最近,32型の液晶テレビを買ったのだが,彼がしきりに自分
も大型液晶テレビを買うように勧めてくる。

部屋の大きさを考えれば,32型のテレビなんて必要ないと思って
いたので,それぢゃぁ試しに店員に正直な意見を聞いてみること
にした。


店員“6畳間でも32型は十分ですよ。4畳半で40型を見てる人も
いますから~。”

そりゃ言い過ぎでしょ,とは思ったが口には出さないでおいた。


新しいテレビが必要ないという点では意見が食い違う自分と彼
だが,結婚したら自由に買い物ができなくなるよ,の意見には
同意できたりする(^-^;。
仮に買ってしまえばお嫁さんに,罵られること必至。

そうか,それより前にクルマと,テレビと,いい服は買って
おくべきなんだろうか・・・苦笑)

(Cloudy)
(05.07.25 Mon. 11:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 関東“中”地震 ]
2005-07-23(Sat) 00:00:00
ニュースで既報の通り,関東地方で夕方大きな地震があった。
そのとき,自分は東京・三田の事務所で仕事をしていた。


始めグラッと来て,“あ,地震だ”なんて言ってるうちに一気
に大きな揺れが続いた。

非常に不謹慎な話しだが,地震が来るといつも“いよいよ来たか!?”
と思うのだが,きょうばかりは様子が違い,本気でヤバいと思った。


事務所内では,“テレビ!テレビ!!”の声が飛んだ。
テレビで状況を確認しつつ,かかってきた電話の対応にあたった。
落ち着いてきた頃,実家に電話して様子を聞いて状況確認。

ニュースが第一報の震度5弱を伝えるころ,余震発生。


自分では落ち着いてるつもりだったが,知らないうちに手が震えて
たのが印象的だった。やっぱり怖かった。


首都圏の電車は軒並み運転見合せ。その後徐々に復旧はしたが,
自宅まで帰ってくるのにざっと3時間かかった。


きょうは,都市インフラのハード面に被害はなかったが,ソフト面
で甚大な影響が出た。

電車の運転再開を待つ間に“本番”のことを考えた。

きょうは,サンダルだしガラスの散った街は歩けない。
電車が止まっていれば,帰るのは容易ではない。
携帯は通じず,友達の安否は愚か,自分の安否さえ伝えれない。

考えればキリがないほど悪い方向に答えが導かれていった・・・。


“本番”は怖いけど,きっといつかはくる。
なかなか気をつけるってことはできないかもしれないけれど,
そのときのための備えはきっちりしておきたい。

とりあえず,余震の発生に備えておこうか・・・(>_<)。

(Sunny)
(05.07.24 Sun. 2:00a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ てんこ盛りの仕事と夜の電話 ]
2005-07-22(Fri) 00:00:00
来週からの仕事が円滑に進めることができるようにするための
事務処理をこの日こなした。

とても一人で一日でできる量ではないので,横浜支店でも一緒
だった(ちなみに,今週21日から東京本社に復帰した)新入社員
くんに手伝ってもらった。


目がおかしくなりそうなほどの細かい表や,神経を使う契約書類・・・。


21時までやってみたが,結局終わらすことができず明日も出勤する
ことにした。

明日こそ,終わらしてやる!


夜,友達から電話があった。

彼女は塾の先生をしているのだが,その話を聞くたびに毎度,
あぁ先生だなぁって思う。

自分が“ほんと,先生だね。”そう言うと決まって,
“だって,先生だもん”って彼女は言う。

実にサラッと言ってのけるが,人に教えるってことはすごく難しく,
機転が効くとか,賢い人でないとできないんぢゃないかと思うし,
尊敬する。

明日,彼女は大きな仕事がいくつかあるらしいが,どうかいい方向
に転ぶといいなぁ,と思っている。

(Sunny)
(05.07.24 Sun. 1:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 停電 ]
2005-07-21(Thu) 00:00:00
事務所でがむしゃらに事務処理をしていた19時。
いよいよもう少しできょうの仕事が片づくと,そう思った瞬間。

バンッ!

一瞬で事務所が真っ暗になった。
エアコンのファンの音が静かに落ちていくのが分かった。

なんと停電(>_<)

ありえねーーーー!(>_<)


サーバーはUPSのおかげで被害はなかったが,事務所内のPCは
すべてが落ちてしまった。

もはやジタバタしたところで仕方がないので,みんな意外と
冷静に行動してたのがなんだかかえって異常事態を表していた。


まさか地域全体で停電かな~と思って外へ出てみたが,まぁ
至極当然のことながら停電はうちだけ。それも2階の事務所のみ。


原因をいろいろと探ってみたが,どうやら1階に設置されている
自販機らしい。恐らく,漏電しているんぢゃないか,という結論
になった。

とりあえず,応急措置として自販機の電源を抜いてその場を切り
抜け,10分間の停電は復旧した。


まったく(-_-メ)
漏電(おそらくの原因)による停電の代償はあまりにも甚大だった。

停電が復旧したところでこの日の作業はもはややる気も失せ,
そのまま帰って来た。

もし,本当に漏電が原因なら,あの自販機を設置したメーカーを
訴えてやりたいくらいだ(▼▼)コラァ!

(Sunny)
(05.07.22 Fri. 1:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 失笑 ]
2005-07-20(Wed) 00:01:00
組合の横浜支部のレクリエーションが7月30日に予定されている。
その段取りを任された2人が夕方,打合せをしていた。

今回は,横浜市内でボーリングをしよう,というもの。


以前からボーリング場に予約を入れていたらしいのだが,この日
参加人数が大方固まったため,最終予約の電話をしていた。

事務所では皆もくもくと仕事をしていて,彼らの打合せの内容の
一部始終を誰も聞こうと思って聞いていたわけではないのだが・・・


A“あの~先日,ボーリングの予約をお願いしていた者なのですが,
人数が確定したため,レーン数の変更をお願いしたいのですが・・・”

A“えーと,当初10レーンで予約していたのですが,4レーンに変更
ってできますか・・・”

ここで事務所内失笑の嵐。

想定参加人数をそんなに下回ったのか,笑)
人気のないレクリエーションだなぁ・・・(>_<)

彼らが随分前から今回のレクの段取りでがんばっていたのを知って
いたから,彼らには悪いが余計におかしかった。


B“こんだけがんばって,この参加人数じゃ,今後レクをやる必要
ってどこにあるんだ!?”

B“こんなとこで組合費を使うくらいなら,レクやらないで還元し
たほうがどれだけみんな喜ぶか。”

もっともな答えだった。


毎月組合費を天引きされ,親睦を深めるためのレクも分かるけれど,
こいう事態は,横浜支部に限らず東京支部でも発生しているらしく,
今後,徴収した組合費の使い方は考え直す必要がありそうだ(^-^;。

(Sunny)
(05.07.21 Thu. 2:00a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 灯台からの景色 ]
2005-07-20(Wed) 00:00:33
高いところに上ったら,きっとすがすがしいと思って灯台に
上ってみた

続くらせん階段を一歩一歩上っていくけれど,いつまでたって
も見えないゴールに不安になってきた

いまここで降りれば早く楽になれるかもしれない

けれど一度決めたことだし是が非でも全うしたい
つらくても険しくても・・・


そして,てっぺんに着いたとき思いきりさけぼう

その日突然の嵐に見舞われたとしても

きっとすがすがしいはずだから

(05.07.20 Wed. 0:00a.m.)
monologueTB : 0CM : 0
  [ 冷や水を ]
2005-07-19(Tue) 23:45:05
夕立とまではいかなかったようだが,日中,横浜市内では
結構な雨が降ったようだ。

自分はきょう一日,藤沢・茅ヶ崎方面に出かけていたため
どの程度の雨が降ったか分からなかった。


それでも路面は濡れていたし,なにより,高台に建つ事務所
を駆け抜ける風の心地よさがその雨を表現していた。


梅雨が明けると首都圏の夏は気温が下がらず,とかく熱帯夜
になりがちだが,この雨は涼風を呼ぶ。

熱中症になってしまったアスファルトやビルのコンクリート
に冷や水を・・・。

(Sunny)
(05.07.19 Tue. 11:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 牛さんクッション ]
2005-07-18(Mon) 21:47:24
中国から関東で梅雨が明けたこの日,ダイヤモンドシティ
買い物に出かけた。

先週からの宿題になっているコンタクトを買うほかに,せっかく
クルマでここまで来たので,手で持てないような大きなものを買お
うと探した。


ふと見つけたのが,クッション。
そいえば,部屋に大きなクッションが一つでもあれば随分雰囲気が
変わっていいかな。

けれど,安物を掴まされてしまえばせっかく買ったクッションも
いつの間にか座布団になってしまうので,簡単にはヘタらそうなの
をいろいろ見て回った。


最後の最後にようやくよさげな感じのクッションを見つけたので
お買い上げ。


うちで早速試してみたが,いいね~(^-^)
牛の柄がまたいい感じ。

部屋のアクセントになって,雰囲気が少しだけ変わった気がする。

あとは,カーテンを新調できれば,イメージもガラッと変わるだろ
うし,今度はカーテンを買ってみるつもりだ。

牛さんクッション

(Sunny)
(05.07.18 Mon. 9:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 贅沢な昼ごはん ]
2005-07-17(Sun) 00:00:00
きのうから引き続き,浦和の彼と遊んで過ごした日曜日。

この日,昼間おなかが空いたと昼ごはんを食べに行くことにした。
せっかくボーナスも出たことだし,贅沢なものを食べようと企画。
思いついたのが,海で海鮮丼を食べよう,だった。


早速,13時過ぎにレンタカー。
一路,九十九里へ。


とりあえず,浜は見ておくべきだろうと九十九里浜へ。
目の毒か,目の保養か,水着の子がたくさんいる中,海岸を散策。
荒い波のせいでズボンがびしょ濡れになってしまった。


海岸沿いの道をひた走ること30kmほど。
ようやく海の幸を食べれそうな店に着いた。

1個380円の焼きはまぐりは最高においしかった。


各地で寄り道を繰り返し,自宅に着いたのは深夜も0時過ぎのこと
だった。

総走行距離300kmのうち,運転したのは専ら自分。
共同で運転するという約束はどこへやら・・・!?笑)


クルマを返すのはまだ時間が早いので,自宅近くに路駐したまま
一夜を過ごすことにしている。

明朝,駐禁のワッカがかかっていなければいいけれど・・・。

九十九里浜

(Sunny)
(05.07.18 Mon. 2:00a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 事務処理の休日出勤 ]
2005-07-16(Sat) 00:00:00
溜まりにたまった(といっても,自分のせいではなく先方との
打合せの遅れが最大の原因,と人のせいにしてみる)書類の整理
があったため,この日は休日出勤。


土曜日なので少し遅めに出勤して,前日に預かったカギを使って
暗証番号を入力して・・・いざ,入室,とはいかなかった。

なんと,教えてもらった暗証番号が間違っている。
まさかそんなことはない!といろいろなパターンで試してみたが
一向にカギが開くことはなく,蒸し風呂のロビーでかれこれ戦う
こと30分。

ヘルプの電話のコールバック。
ようやくカギを開けることができた。


一人事務所に籠もっての資料整理はすごくはかどった。

キリが悪いのでもう少しもう少しとやっていて,終わったのが
たぶん20時過ぎころだったかもしれない。


夜,川口で浦和の彼と落ち合ってごはんを食べに行き,そのまま
もはやお約束の温泉に行った。

溜まったストレス,悩みの種を洗い流すようにサウナに籠もった。
こうして,また1週間,ゲンキに過ごせる。。。

(Sunny)
(05.07.18 Mon. 1:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 歓送迎会とその後 ]
2005-07-15(Fri) 00:00:00
7月1日に社内人事異動があり,所属部長が交代した。
新旧部長の歓送迎会がこの日午後開催された。


本社および横浜,北関東などから集まったため,結構な大人数
となった。
かつては,うちの会社では花形と言われた部署だったが時制に
衰退の一途を辿る部であることは否めないが・・・。


17時~19時半までの2時間半で5千円という法外な金額を徴収され
はしたが,まぁこれも仕方がない・・・(>_<)。


その後,若い人同士で近所にあるダーツバーに行った。

混雑のため,当面,投げることはできなかったが,しばらく酒
で時間を潰し,その後,ちょこっとだけ勝負した。

4人でやって,最下位が罰金1千円というルールでやった。

これまでに6回しかやったことがないという新入社員くんが1位。
自分は最下位すれすれの3位入賞だった。ちなみに,得点はカウ
ントアップのゲームで458点。これまで5~6回しかやったことない
としたら,なかなか上出来ぢゃない!?


帰りしな,悩みに翻弄されている友達に電話してみた。

ひょっとしたら,電話しないでそっとしておいてあげた方がいい
のかもしれないと思ったが,どうしても気になった。

携帯の電池の問題で,長い間は話すことができなかったが,少し
無理をさせてしまっただろうか・・・。自責の念さえ感じる(>_<)


酒が抜けるときに決まって起きる頭痛に少し苦しみながら,
深夜3時就寝。

(Sunny)
(05.07.18 Mon. 1:40a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ トラウマのひとつ ]
2005-07-14(Thu) 00:00:00
本当は,人から信頼されることに慣れていない。

だから,仕事でも付き合いでも,自分を頼ってくれる人がいる
ことはすごく嬉しいのけれど,心のどっかに薄いフィルム・・・
防衛線みたいのを張ってしまっている。

防衛線を外して,裸で気持ちを受け止め裏切られたときの感情
がコワくて,これ以上傷つきたくないっていう意識が潜在的に
働いてしまっているんだと思うけど。

自分みたいな過剰反応って,イケナイことだよね,たぶん(>_<)


最近,よく褒められたり,重宝がられたりする。
オトコとかオンナとか,そいう関係でないところでよくモテる。

けれどそれは,彼らが本心で言っていることなのかなぁと
余計なことを考えてしまって,素直に彼らの言葉を受け入れられ
ていない。


きょうも事務所で
“hidenakaくんが居なくなると,ほんと(負担が)重くなるなぁ”
とつぶやいた人がいた。

彼は,その言葉を本当に何気なく発したんだと思う。

けれど,別に自分がすごく仕事ができるわけでもないし,絶大な
信頼を置かれるような存在でもない,と思ってしまっているから,
彼の言葉は自分の心に,“本当はそれ,社交辞令と違うか!?”と,
歪んだカタチで伝わってしまった。そんな自分が心苦しい。


もっと素直に。
変な疑いの気持ちは捨てて,
怖がらずに。。。

(Cloudy)
(05.07.15 Fri. 1:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ご苦労さま会 ]
2005-07-13(Wed) 00:00:00
先日,横浜の事務所の任期が当初の今週末から20日に延長になった
のだが,きょう,事務所のメンバーでご苦労さま会を催してくれた。

対象は,自分とそれから,ほぼ同じ期間一緒に過ごしてきた新入社員
くんの二人。


あえて,送別会としなかったのは今後また戻っておいで,の意味を
含んでのことらしい。それはありがたい(^-^)

正直,東京の事務所よりもこっちの事務所の方がまったりと仕事が
できて居心地がいい。


18時から三ツ境駅前の飲み屋で始まり,楽しく飲んだ。
量は大したことなかったが,若干の睡眠不足が影響してかすぐに
酔ってしまった。

20時に1次会が終了。


この後,2次会として一部の人たちでカラオケに行った。

カラオケは前回いつやったか記憶にないほどぶり。少なくとも3か月
は行ってないんぢゃないかと思う。

みんなの知っていそうな曲を選んでみたが,なんか反応がイマイチ
のもあった(^-^;。

とっても上手に歌った人の点数が80~89点なのに対し,新入社員くん
のお世辞にも上手とはいえない歌が97~99点を叩き出していたのが
実に不可解だった。

ちなみに,自分の最高はがんばった甲斐があり(!?),96点!
すご~い(^-^),笑)
我ながら驚きつつ,先輩としての威厳は保てただろうか・・・!?


終電が気になり始めた頃,2次会終了。
上司に,“きょうは事務所に泊まっていくんだよね!?”という,
ほとんど“Yes”の答えしかないような質問が飛んできたが,お断り
申し上げ帰って来た,笑)

やっぱりね,自宅で寝たほうが落ち着くのよ(^-^)


ところで,20日までの約束で横浜に残るがそれまでに全ての仕事が
完了できるかといえば,はっきり言って無理だ。

設計担当者として,今設計に携わったがこれをうまく引き継がねば
ならない・・・。引き継ぐ量を減らすためにも,明日から残された
数日間,がんばらねば!

(Cloudy)
(05.07.14 Thu. 1:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ヒグラシ ]
2005-07-12(Tue) 23:12:30
ひぐらし

夏の日
少年時代


ひぐらし

夕立の通りすぎた空
小山市乙女


ひぐらし

涼しさ
いちばんすきなセミ


きょう夕方,事務所の隣の雑木林からヒグラシの声が初めて
聞こえた。

かの声は,季節が本格的な夏であることを意味していると同時に,
外がすでに夕方の涼しい空気であることを意味していた。


仕事の手を休めて,しばし一番すきなセミの声に酔いしれた夕方。

(Sunny)
(05.07.12 Tue. 11:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 休憩時間 ]
2005-07-11(Mon) 00:00:00
ちょうど昼頃,横浜・関内にある会社に打合せに出かけた。


先輩に“昼ごはんは何がいい?”と聞かれたので,
“横浜っぽいものが食べたい”と答えた。

どうも腑に落ちない様子だったので,たとえば中華街で食べるとか,
それが高いなら,シュウマイでもいい,と。

というわけで,中華街でランチを採った。


13時過ぎに打合せ先に行ってしばらく打合せ。
それが15時ちょっと前に終わったので,休憩がてら市内をぶらぶら
することにした。

“大桟橋の芝生で寝ると気持ちがいいから行ってみたい”と言うと,
早速そこへ向かった。


駐車場にクルマを停めて,桟橋へ。。。

いや~暑いけど気持ちいい!
だいすきな船の汽笛が,みなとみらいの高層ビル群に反響して
こだまとなって返ってくる。

否が応にも,港ヨコハマを感じざるを得ない出来事だった。


船の汽笛は,なんだか遠くへ連れて行ってくれそうな,それで
いて哀愁に満ち満ちていて,しんみりさえする。
すきだ。

20~30分ほど,そこに滞在して海を眺めてから事務所に戻った。
充実の休憩時間だった。


それにしても東京港と横浜港,こんなに近くにあるのにどうして
ここまで雰囲気が違うんだろう・・・。

みなとみらい

(Sunny)
(05.07.12 Tue. 1:10a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ いつもの(!?)日曜日 ]
2005-07-10(Sun) 00:00:00
この日の午後,本当は,そろそろ疲れてきたコンタクトを買いに
行くのと,髪を切りに行こうと思っていたが,行きはぐった。


15時過ぎに行こうと思っていたが,そのころから眠気が・・・。
小一時間昼寝をしようと横になったが最後,気がつくとすでに
18時を過ぎており,この日出かけることを諦めた。

来週の3連休のうち,1日は出勤しなければならないことがほぼ
決まっており,残りの二日間で用事を済ませようと誓った。


夜,友達に電話した。
先日電話したときに,洗濯もお風呂も済ませてから電話してきなさい,
と怒られた(?)ので,ぬかりないようにしてから電話した。

しばらく相談に乗ったり,乗ってもらいしながら深夜まで話し
混んだ。


うーん,なかなか思い通りにいかないことばかりかもしれないけれど,
やることやったなら,あとは天命を待とう。

思い通りになんていかないからこそ,人生とはいろいろなことが起き,
わくわくするのかもしれない・・・。

むろん,彼も彼女もあの人もこの人も,思い通りになんていってない
はず。

大~きな器でいまの気持ちと向き合うことの大切さが,人に助言しな
がらも自分で気がついた。

(Sunny)
(05.07.12 Tue. 0:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ プチ旅行 鎌倉・横浜 ]
2005-07-09(Sat) 00:00:01
大型テレビで少しテレビを見たあと,昼ごはんを食べに出かけた。

“寿司でも食っちゃうか!”
の掛け声に,勢い承諾。


昼ごはんを食べて,お互いに暇なオトコ二人組は,クルマでそのまま
出かけることにした。

埼玉近郊のまったり場は大概行ってしまったので,もはや行くところ
もないのだが,横浜勤務で最近,横浜にいろいろと興味を持ったこと
もあり,横浜に行くことにした。


浦和発15時ころ。

首都高に乗りながら,横浜もいいけど鎌倉も近そうだし,大仏でも
見に行こうと目的地変更。

道に迷いながら,渋滞にはまりながら着いた鎌倉。
到着は17時半すぎ。


鎌倉の大仏が高徳院にいるとは知らなかったのでとりあえず,
一番近い鶴岡八幡宮に行った。

ちょうど結婚式をやっていた。雨が降っていたのはちょっと残念
だったけれど,それもまた風流な感じがした。

おみくじも引いてみた。
今年,一番いい内容のおみくじだった気がする。


続いて,銭洗い弁天に向かった。
すでに周囲は真っ暗で,恐怖すら感じたが,しっかり手持ちのお金
を清めた。


この頃から,豪雨になって前も見えないほどになった(>_<)。


最後,藤が丘の大学時代の友達に電話して,新横浜ラーメン博物館
の場所を聞いて,そこに向かった。

時間はすでに21時半。
さくっと食べて,お腹も満腹。


相変わらずの豪雨の中,第三京浜経由で帰って来た。


結婚式で幸せを分け与えられ,お金も清め,身も心もすっきり。
次,鎌倉に行ったときこそ,大仏を見てこようと思う(^-^;。

鶴岡八幡宮
(雨の鶴岡八幡宮)

(Cloudy→Rain)
(05.07.10 Sun. 10:30p.m.)
diaryTB : 0CM : 2
  [ 32型液晶テレビ ]
2005-07-09(Sat) 00:00:00
昼前,浦和の友達から電話がきた。
内容はこうだ。

浦和“ボーナスで32インチのテレビ買っちゃった。”
自分“はっ!?まぢで??笑)”

というわけで,早速見に行くことにした。


いやいや,デカい!
1kの6畳の部屋に32インチは,無駄にデカい。電気屋では,6畳間でも
十分見られる大きさだと紹介されたらしいが,あくまでも“見れる”
大きさであって,適切な大きさでないことは自明だった(^-^;。


うちにあるテレビも現在9歳。
いずれ来る寿命に備えて,いつかは薄型テレビが欲しいとは思って
いるけれど,大きさには十分注意して買おうと思った,笑)

(Cloudy→Rain)
(05.07.10 Sun. 10:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 工藤慎太郎 ]
2005-07-08(Fri) 00:00:01
三宅島報告会のあとの懇親会の帰り,川口駅に降り立つと,いつも通り
路上ライブをしている青年がいた。

彼の名前は,“工藤慎太郎”。


彼は,しばらく前から川口駅前で歌っていて,かつてはお客さんもほとんど
いなくて通りすぎるだけの人ばっかりだったが,最近は人だかりができるほど
の人気になっている。

以前,自分もちょっと立ち止まって聞いてみたときに,上手だなぁ~とは思って
いた。


そんな彼が,来年の1月にCDデビューするという。


ギター一本で歌い挙げる彼の歌は,酔っているせいもあるのかも分からない
けれど,すごく心に響いてきて,思わず聞き入ってしまうほど。


これからプロの世界に行って,どんどん活躍していって欲しいなぁ(^-^)


彼を応援する会のHPによれば,毎週金曜日の川口のほか,毎週水曜日に
横浜・二俣川でも路上ライブをしているとのこと。

路上ライブは9月いっぱいで終わりとのことなので,どこかで彼のことを
見かけたら,ぜひ応援したいと思う。

(Sunny)
(05.07.10 Sun. 5:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 三宅島報告会 ]
2005-07-08(Fri) 00:00:00
組合から会社に,三宅島へ行ってきた報告を行なう会がこの日午後から
あり,リーダー(名ばかり!?)を担当した自分も呼ばれて行った。


当初は,この席に社長もいるという噂が流れていたが,会議室に入ると
社長はおらず,人事部長がいた。

三宅島から帰って来てから全員でまとめた報告書を提出し,各自の感想
をそれぞれ報告,さらに,報告書に添付されている写真の説明をした。

人事部長,これにいたく感動し,これをぜひ社長ほか三役,他部署に配布
し見せたいというので,全員快諾した(^-^)。


この報告会は15時過ぎに終わってしまい,16時には三宅メンバー全員で,
飲み屋に移動。日も当分暮れないこの時間から韓国料理を堪能した。


この席で,次なるボランティア活動の話題になった。
それというのが,懸念される関東大震災で帰宅困難になった場合の体験
歩行訓練。

要は,会社から自宅まで歩けるかどうか試してみよう,という企画だ。

毎年開催しているイベントらしいのだが,去年は東京→千葉・市川まで
のおよそ20km。今年は,東京・池袋→埼玉・浦和までのおよそ20km。

一人は参加決定しているらしいが,もう一人参加者を募っているとのこと。
しかし,埼玉在住での参加者が見当たらないため,自分に白羽の矢が立った
というわけ。

途中リタイヤも可能らしいので,浦和に行く途中に自宅のある自分は
リタイヤして,直帰してしまおうか・・・などとイケナイことを考えてみた
りもして・・・。


とにもかくにも,会社も組合も今回の三宅島ボランティアをきっかけにして,
ボランティア精神というものが根付き,誰もが積極的にボランティアに行ける
機運を盛り上げて欲しいと思った。

(Sunny)
(05.07.10 Sun. 4:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 雷雨 ]
2005-07-07(Thu) 00:00:00
七夕のきょう,横浜は夕方から激しい雷雨となった。


友達と“涼しくて気持ちいいね~”なんてめーるを交わした
直後から,にわかに雲行きが怪しくなり,その後,大粒の雨
が降り出した。

遠くで聞こえていた雷鳴も次第に近づき,事務所の周りの林
には,あちらこちらで落雷があった様子。


一時,あまりの雷にノートPCを除くすべてのPCの電源を落と
し退避した。

横浜・左近山近辺に住む先輩のうちでは,停電もあったらしい。


夏の風物詩の雷。
地元宇都宮には,雷電神社という神社があるほど雷と縁がある。

落ちれば大迷惑なヤツだけど,アイツが通りすぎたあとの空
や空気は澄んでいて清々しくて,なかなか気持ちがいい。

涼しさをもたらす夕立,役に立つ程度にお願いしたい(^-^;。


ちなみに,現在,埼玉はくもり。
彦星さんと織り姫さんは,雲の上で出会っているんかな。。。

(Cloudy)
(05.07.08 Fri. 1:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 幼なじみ ]
2005-07-06(Wed) 00:00:00
帰りの横浜駅で,通りすがりの女性2人組の片方が,
“さっき,中学時代の同級生と偶然会って,話し込んじゃった”
と。


引っ越しを経験すること,これまでに9回。
栃木・宇都宮→埼玉・上福岡→栃木・小山→栃木・宇都宮
→もいっかい宇都宮→さらにもいっかい宇都宮→千葉・船橋
→東京・新小岩→東京・東中野→埼玉・川口。


これだけ引っ越しを繰り返していては,幼なじみもなにもない。
仮に,街のどこかですれ違っていたとしてもお互いに気付くこ
とはおそらくないと思う・・・。

だから,この“幼なじみ”という言葉が,自分にとっては
すごく羨ましいし,憧れでもある。憧れたところで,もはや
実現するものではないのだけど・・・(>_<)


幼なじみのいる皆さん,いまは疎遠となってしまっていると
しても,共に成長してきた大事な友達のはずです。

たまには会って,お互い,あれからどうしてきたか,確かめ
あって懐かしいあの日を思い出してみてはいかがでしょう。

(Cloudy/Rain)
(05.07.07 Thu. 0:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0

copyright © 2005 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。