日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 足ツボマッサージ ]
2005-09-30(Fri) 00:00:00
23時過ぎ,会社を出る。

それより前の22時に浦和の悪友から,
“恒例の温泉いっちゃうか?”と誘いのめーるが来ていた。


一度,自宅に戻ってから浦和に行けば遅くなってしまって,
ともすれば温泉(深夜3時まで営業)が閉館になってしまうので,
直接浦和に向かった。

スーツのまま拉致られ温泉に向かう。


館内にあるマッサージ屋がすごく気になり,きょうは“足ツボ
マッサージ”をやってみることにして,深夜2時からで予約した。

温泉に入ってトュッキリさっぱりして,足ツボの順番を待つ。


足ツボは初めてであることを先生に伝え,“ぢゃあ,軽めにやり
ます”と言ってくれはしたがいざ始まると,ほんっっとに激痛(>_<)

“う,ゔゔゔゔ・・・”
“いたい!(>_<)”
“ほんと,真剣に痛いから!苦笑)”

思わず,“もっと軽めに!”と訴えた・・・笑)。


特に痛がったところは,ツボ氏に言わせれば,
目(寝不足による),胃と腸,肝臓。

おまけに,カラダ全体が曲がっているとのこと。
これを直すには,“整体師のところへどうぞ”,というわけで,
彼オススメの整体師も教えてもらった。

マッサージの最後に,少し肩をもんでもらったのけれど,
肩も一部固くなっているとのこと。


なんか揉み返しが来そうなほど,足裏をツボってもらったが,
これでカラダが軽くなれば・・・。

できれば自宅で自分でやってみるといいですよ,と先生は言うが,
あんなに痛いこと,とても自分ではできない・・・。


当面,足ツボはいいとして,今度は整体師のところへ行ってみよう
と思う。

(Sunny)
(05.10.02 Sun. 10:10p.m.)
スポンサーサイト
diaryTB : 0CM : 0
  [ 懐かしい日々 ]
2005-09-29(Thu) 00:00:00
職場に1冊の住宅地図帳。
かつて6年間住んだ栃木・小山市の地図だった。


地図で見る限り,自宅のすぐそばにあった雑木林は
住宅地に変わり,間々田駅前にあったコンビニは
学習塾に変わっていた。


同級生の家を探してみた。

あるある。ここにも,そこにも・・・。
まだ,みんな引っ越してないんだ。

同級生自身は東京か宇都宮か,全国のどこかに引っ越し
てしまったかもしれないけれど,実家はきっとそこの
ままなんだろうな・・・。


乙女というなんともロマンチックな(?)名前の付いた
出身の小学校,自分の引っ越しのため1年しかお世話に
なれなかった中学校,周りは相変わらずの田んぼのよう
だった。


公園も田んぼも,駄菓子屋も,すべてが懐かしい。

地図を見ているだけで,なんにも考えてなかったあの日の
思い出が蘇ってきた。


今度,ふらっと散歩に行ってみようかな・・・。

(Sunny)
(05.09.30 Fri. 1:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 日本語の難しさ ]
2005-09-28(Wed) 00:00:00
現在任されている仕事の都合上,お客さん宛てに手紙を書く機会
が多い。

かつての経緯から,論文の添削をすることは頻繁にあり,日本語の
使い方については,こと正式な文書中におけるそれにはよく気を遣う。

改まった文章であればあるほど日本語とは難しいもので,一体どいう
風に表現したらいいものか迷うことがある。都度,敬語・尊敬語・
謙譲語の勉強をしなければ,と思う。


いきなり正しい日本語で書くことなどできないから,一度,サラッと
書いてみて,忘れるためにしばらく放置する。

それから改めて読んでみて校正する。
何度かその作業を繰り返し,いいと判断したとき手紙を発送する。

と,まぁ,そんなことを普段からしていると日本語が得意だとみられる
らしく,きのう,非常に重い文章の校正を頼まれた。

ともすれば,訴訟に発展してしまうような文書で,重責だ(>_<)


何度か赤ペンを入れて,あとは本人に再構成してもらうことにした。

“さすがhidenakaくん!”などと,本人は大満足の様子だったが,
本当にあの文章でいいのかな・・・と心配になる。

明日,もう一度読み返してみようと思う。
辞書も必要かな・・・(^-^;。

(Cloudy)
(05.09.29 Thu. 1:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 1
  [ 同じ1年 ]
2005-09-27(Tue) 00:00:00
大学院のときの友達から,“今夜,会えないか?ごはん,食べ行こう”
とめーるがあった。


新宿東口21時。

彼はあんまり酒が強くないらしいので飲み屋ではなく,パスタ屋に
入った。

この彼,去年まで大阪の会社にいたのだが,辞めて東京に帰って来た。
帰って来てから,ちょうど1年になる。

その帰ってくる直前,大阪で彼女を作った。これから東京に帰るって
いう時期に。


一方で当時,自分の彼女も大阪におり,会えるのはだいたい1か月に
1度。

さっきの彼と一緒に大阪に行って,4人して遊ぶのもいいねと言ってた
矢先,自分は別れた。


あれから1年。

彼はまだその彼女と付き合っている。
“まだ1年なんだ!”と驚く自分に,“もう1年だよ。”と彼。


あれから1年,自分の方はいろいろあった。
いろいろありすぎて,まだ1年しか経っていないのかと思ったほど。
まだ別れてから1年なんだ,と改めて思った。

失恋に苦しんだ時間もあったし,仕事のことについて真剣に考えた
時期もあった。資格取得に必死になってた時期もあったし,また,
久しぶりに純粋にほんきで人をすきになりもした。


同じ1年だけど,立場とか状況とか,そいうもので感じ方って
すごく違うんだなぁ,って思った。


楽しい時間が長ければ,時間の経過は早く感じる。
悩む時間が長ければ,時間の経過は遅く感じる。


これから1年。
少しでも時間の経過が早いものであればいい。

(Cloudy)
(05.09.29 Thu. 1:10a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 東京勤務の感想やいかに!? ]
2005-09-26(Mon) 00:00:00
学部時代の友達から久しぶりにめーるが来た。

彼,学部を卒業して以来,和歌山や静岡など勤務地を転々として
いた。

この9月下旬から,ようやく(?)東京勤務になったらしい。


“暇があったら飲みにでも行こうね”
と。

彼のスーツ姿など一度も見たことがなく,それに会えるとしたら
久々だし,仕事もどうにか切り上げることができそうなので,
“きょう飲みに行くか!”と返信したが,あいにくきょうはダメ
とのこと。


“東京の痛勤電車の感想はどうだね!?”
とめーるしたら,

“残念ながらおれ自身,痛勤電車とはこれっぽっちも思ってない
んだな。むしろ,一時期より混雑が解消した気すらする。”
とかいう,めーるが返ってきた。

まったく,かわいげがない(-_-メ)
少しぐらい,混んでるねーっていう感想があってもいいぢゃない!?

まぁ,いいけど。


仕事柄,全国を転々とすることが多い人なので,いつまで東京に
いられるか分からないけれど,それまでの間,まぁせいぜい
“空いた”痛勤電車を堪能してくださいませ(-.-)

(Sunny)
(05.09.29 Thu. 0:10a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ただのいぬ。展 ]
2005-09-25(Sun) 22:36:53
東京・三軒茶屋で開かれていた“ただのいぬ。展”に行ってきた。

この展覧会は,飼い主から捨てられたり,迷子になって保健所など
に保護,収容された犬たちの物語。(説明はパンフレットから抜粋)

全国の動物愛護センターに収容された犬たちの行く末を写真に
記録した展覧会。


展覧会場には,二手の別れ道があった。


一方は,引き取り手が表れた犬たちを記録した写真たち。
幸せそうな家族と犬。みんな笑顔だ。犬もなんだか楽しそう
だった。


もう一方は,引き取り手の表れなかった犬たちを記録した写真たち。
外を駆け回ることが大好きな犬たちなのに,狭い檻に閉じ込められ,
ガスによる処分を待つばかりになってしまったそのコたちの顔は悲
しそうだ・・・。


“この別れ道を犬たちは選べない。人間であるあなたたちは
選べる。この子たちと同じ別れ道を歩かねばならない犬たちを
これ以上作らないで。”

この展覧会を催した方たちの悲痛なまでの訴えに,心打たれた。


年間16万頭の犬たちが致死処分される現実。
16万個の“モノ”が捨てられるのではない。
16万個の“命”が・・・。

そう思うと,いたたまれなくなった。なんていう言葉でこの感情
を表していいものか分からないけれど・・・。


命の尊さ,人間の身勝手さ,傲慢さ。
そういったものを深く考えさせられる展覧会だった。

(Cloudy)
(05.09.25 Sun. 10:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 遊び尽くす ]
2005-09-24(Sat) 00:00:00
浦和の悪友と昼ごはんを食べに行くがてら,スーツ仕立て屋に
寄った。というのも,彼がこの店でオーダーメイドのスーツを
仕立て,それができあがったから。

自分もついて行ったついでにオーダーメイドのワイシャツでも
作ろうと思ったが,いろいろとゆっくり選びたいのできょうの
ところは作るのは止めといた。


その後,昼ごはんを食べて,カラダを動かしたいという衝動に,
近所の公園に行った。

バトミントンして遊んで,さらに公園の隣にあるアミューズメ
ント施設で,バッティング,卓球,ダーツ,ビリヤード,ゴルフ
の打ちっぱなしと,遊びの限りを尽くした。

お互いの力は拮抗していて,勝ち負けがなかなか付かないので,
張り合いがあっておもしろい。

ビリヤードについては自分がスランプ,ゴルフの打ちっぱなしに
ついては彼がスランプになってしまった感じ(>_<)。


全部で5時間ほど遊んで一人3000円と少し。
時間600円くらいとすれば,遊ぶのも決して安くない(^-^;。


昼ごはんだけのはずだったのが,遅くなってしまったので
夕ごはんまでとった。

その足で,かいた汗を流しに温泉に立ち寄る。
閉館の深夜0時まで,ゆっくりまったりして過ごした。


帰宅は深夜0時半ころ。
カラダは心地よい疲れで満たされていて,ビールを缶2本ほど
飲んだところで,眠りに落ちた・・・。

(Rain/Cloudy)
(05.09.25 Sun. 9:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ドラえもん ]
2005-09-23(Fri) 23:59:00
今更ながら,ドラえもんの声が変わってから初めてドラえもん
を見れた。


19時。
忘れずにテレビ朝日にチャンネルを変える。

番組が始まる。ドラえもんの歌が流れ始める。

“おぉ,最初の歌まで変わったんだ~誰が歌ってるんだろ?”
と思った瞬間,なんとカラオケみたいになってる・・・(>_<)

ドラえもんも変わったなぁ~。

歌中の
“ハイ!タケコプター!”
くらいはドラえもんの声かと思ったが,それもカラオケ。

歌が終わって,すぐにCMに入る。


ここまで一度も声聞けず。
じらすねぇ~,笑)。


いよいよ番組が始まる。


うぅん!?
こんな声になってしまったのか,ドラえもん。

あ,のび太の声も・・・。

それに,なんだか画が全体的に鮮やかになってる気もする。


あれ,あれれ??
ドラえもんのイメージがどんどん壊れていく・・・(>_<)

コロスケやルパンの声が変わったときよりも遥かに大きい
ショックだった。。。

ほとんど全部が変わってしまったことが思いのほかショックで,
第一話が終わったところで見るのを止めてしまった(>_<),笑)。


なんかドラえもんの声って言えば,あの声しか想像できなくて,
いまの制作者さん達にはすごく申し訳ないのだけど,安っぽい
印象を受けた。


時代の流れとは言え,辛いなぁ。
もうあの声は聞けないのかな。

ちょっぴり寂しい思いがした・・・。

(Cloudy)
(05.09.24 Sat. 4:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ テレビ届く ]
2005-09-23(Fri) 00:00:00
先日買っちゃった32型の液晶テレビがきょう届いた。

デカい!
それ以上に重い!笑)
説明書,分厚い!(450ページもあり,もはや辞書の域・・・苦笑))


新しいテレビ設置に先立ち,部屋の大掃除を敢行。

いらないものやいらないと思われるものは徹底的に除去。
旧テレビは,テレビ台ごと友達に無償譲渡することになったので,
廊下の片隅に移動。

部屋のレイアウトも随分変わった。


このテレビ,ネットワーク対応型なので自宅のネットワークに
組み込む設定を済ませ,チャンネルの設定をして・・・。

テレビ到着から半日。
ようやくすべての片づけ,設定が完了。


スイッチ,オン!

う~ん,いい感じ。
思ったほど,部屋の大きさに対して大きすぎないでよかった。

ただ,この辺りでは地上デジタル放送がまだ受信できないらしく,
アナログ放送を見ている。

早く地デジ見れるよにならないかなぁ。
年末までには受信できるようになるみたいだけど・・・。


明日は雨だと言うし,これで映画でも見ちゃおうかなぁ。

(Cloudy)
(05.09.24 Sat. 3:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ クールビズからウォームビズへ ]
2005-09-22(Thu) 00:00:00
この日からスーツの上着を着ていくことにした。

日中は暑くなる日もまだ多いけれど,朝晩の通勤時には随分
と気温が下がる。

上着を着れるなら着ていたほうがしっくり来るし,何より
ポッケが多いので何かと助かる。


7月から続けてきたクールビズもいよいよ終了。


この冬はどうやらウォームビズなるものを流行らそうというが,
ウォームビズとは一体どんなもんなんだか。

社内であったかい格好をして,暖房温度を下げようということか??

そうはいっても,上着を着て仕事するには邪魔だし・・・。
カーディガンみたいなのでも着てね,ということかな。


ウォームビズは10月1日からスタートということで,クールビズ
みたいに定着するか,どんな格好を提唱するのかしばらく様子
を見ていよう。

(Sunny)
(05.09.24 Sat. 2:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 電動アシスト自転車 ]
2005-09-21(Wed) 00:00:00
昼ごはんを買いに行くのに,チャリ通勤をしている人から
電動アシスト自転車を借りた。

この自転車は初体験なわけで,ちょっとドキドキ。


漕ぎだして驚いた。
ペダルがちょー軽い!

カラダが置いて行かれるほどの加速度。
思わずコケそうになった。


本気で漕ぐとあっと言う間に高速域に達するため,狭い歩道
では人をはねそうになった(^-^;。


少し前まで電動アシスト自転車は,電池があまり持たない,
電池が切れてしまったあとはただの重い自転車,値段が高い,
充電時間が長い等々,問題点がいくつもあったけれど,それって
もう解決したのかな・・・。

アシストシステムを切って少し走ってみたけれど,あまり重さ
は感じなかったし,使っている本人も充電が短いとかいう文句
を言ってないところからすると,技術的問題は解決したと思って
差し支えないのかもしれない。

あとは値段さえ下がれば,より普及するかも・・・。


運動不足解消と健康増進にチャリでお出かけ。
全ての人に,体力に自信がない人には特に,おすすめの1台ですね!

ただ,スピードが簡単に出せるので,どうか交通事故アシスト
チャリンコにならないように・・・(^-^;。


(Sunny)
(05.09.22 Thu. 1:40a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 投げ出して・・・ ]
2005-09-20(Tue) 23:51:24
18時半過ぎ,浦和の悪友からめーる着信。

“飲みにでも行くか!明日から五連休です,笑)”
という挑発。

休めるはずのない彼が強引に休みを取ったということが分かった
ので,自分も仕事を投げ出して挑発に乗ってみた。

ただ,すぐには行けそうにもないので,1時間半待ってもらった。
そんな程度の時間ぢゃ,とても片づけきれないが,途中でも
投げ出して帰ることにした。


上野で落ち合い,そのまま赤羽へ。

“やけになって2連休取ってしまった,それもきょう決めた。
日曜は間違いなく鬱だ。”
とのこと。

まぁ,当然だろう。
自分かて,きょうの早帰りのおかげで(せいで?),明日はまた
23時以降は確定だ(^-^;。


残業月間100時間を超えん勢いだが,きょうは帰って来てしまっ
たしと諦め,軽く飲んでごはんを食べた。


時間は22時。

そのまま帰るとすぐに明日になってしまうので帰りたくない,
とビリヤード場を探してみたが,近所には見当たらず,大人しく
帰って来た。


彼は明日から5連休かぁ・・・。
来週の彼が見物でありながら,やっぱりちょっと羨ましかったり
もする。

(Cloudy)
(05.09.20 Tue. 11:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 結婚式二次会 ]
2005-09-19(Mon) 00:00:00
学部,大学院とお世話になった研究室の助手が結婚した。

彼とは,彼が大学院生の頃からの付き合いで,もはや先輩と
いう域を越え,友達のようになっている。

研究室で先生と一緒に飲んだ後,タクシーでうちまで来て
飲み直したこともあったし,朝まで飲んだこともある。

思い出はありすぎる。


そんな彼の結婚式の二次会に出席した。

お世話になった助手たちや先輩後輩がたくさん出席していた。
“おぉ~久しぶりだね!”と言って喜んでくれた彼らと一緒に
いる時間が,すごく楽しかった。


二次会のイベントでもらったプレゼント。
その品は,日本酒のマル。

この酒には因縁がある。

研究室で飲むときはいつもこの酒だった。
つまみもなく,この酒でいつも酔った。

自分以外の誰がもらうのか!?と思うほど,適任だったと思う。
助手の誰もが同じことを言った。


その後,助手ら5人と後輩,同級生の9人で打ち上げに出かけた。

学生時代とはまた違った楽しい雰囲気の中,楽しく飲んだ。

“早くhidenakaも結婚しなよー!”の,ある助手の一言に,
“そちらこそ,早く結婚しないとー!おれよりタイムリミット
が近いんですから!”と切り返しておいた。


22時半過ぎ,明日からバンコクの学会に行く人が結構多いので,
お開きになった。

帰りしな,海外の学会のコツを聞かれたが,発表は予め用意した
英語でなんとでもなるが,肝は質疑応答だということを忠告して
おいた。


きょうもらった日本酒のマルを持って,近いうちにまた研究室を
訪問して,みんなで飲みたいと思う。


結婚式っていいなぁ。
また改めて思った。

ご結婚おめでとうございます!

(Sunny)
(05.09.20 Tue. 0:10a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 八重山家族旅行(3日目) ]
2005-09-18(Sun) 00:00:00
石垣島を観光するため,朝はそれほど忙しくなかった。

朝9時ホテル発。
島を東周りで1周することにした。


寄り道寄り道で目的地へ向かうためやたらめったら時間が
かかる。けれど,これぞフリー旅行の醍醐味。

ふと見つけた誰もいない真っ白なビーチ。日射しは相変わらず
強く暑いが,気分はいい。


石垣島最北の平久保崎灯台に行った。
いろいろなアオ色。

サンゴ礁のアオ,リーフの外側のアオ,空のアオ・・・。
単なるアオではない。どのアオも違う色。言葉では表現しきれない。


途中で見つけた売店で,マンゴーやパイナップルの果物を
買った。どう見たって甘くないわけがない色。早く食べたい。


風光明媚な景勝地で有名な川平湾。

グラスボートで湾のサンゴ礁を堪能する。
ちょうど大潮のこの日。激しい引き潮のため,水路は砂が舞い
上がり視界が悪い。流れは川のように早い。

遠方にはマンタを見るための船が多数出ていた。


ミンサー織り工芸館に立ち寄り,市街地でおみやげ屋に
立ち寄り,帰途に着いた。


往路と同じく那覇経由羽田行き。

両親とは羽田で別れた。
“あと何回一緒に行けるか分からないけれど,行けるだけまた
一緒に旅行行きたいね”


すごく楽しい3日間だった。
両親の言葉通り,行けるだけまた一緒に旅行に行きたい。

いろいろなアオ,平久保崎灯台

(Sunny)
(05.09.19 Mon. 4:20a.m.)
diaryTB : 1CM : 0
  [ 八重山家族旅行(2日目) ]
2005-09-17(Sat) 00:00:00
朝6時半過ぎ起床。
7時に朝食。朝食を摂ることに不慣れなため,せっかくの
おいしいはずのごはんもほとんど手を付けれない。

8時ホテル出発。
8時半,離島桟橋発西表島(大原)行きの高速船に乗った。

右に竹富島を見ながら高速船は,一路,西表島へ。
竹富島に大きな大きな虹がかかっていた。とてもきれいで
ずっと見とれていた。


マングローブを体感する遊覧船に乗船した。
真水と海水が混じり合う奇水域でしか自生しないヒルギの木。
これが群落となり,マングローブを形成する。


島内は,周回道路は存在せず,いまだ人の手の入ったことの
ないところがたくさんある。つまり,原始からの姿をとどめて
いる。

それゆえ,険しかったり不便だったりするところが多々あるが,
それが逆にこの島のいいところだったりもする。

大自然のほんの一部を感じ,石垣島に戻った。


夕陽を石垣島の御神崎灯台で見た。

大変美しかった。
大勢の人が見ていたが,誰もしゃべっていなかった。
むしろ,あまりに美しすぎて誰もしゃべることができないのかも
しれない。


ホテルに帰る道すがら,繁華街を通り,島料理を食べた。
自分は運転するため飮めなかったけれど,酒を飲むにはもって
こいの料理の数々。

またしても,父親,泥酔(^-^;。
“きょうこそ入る”と意気込んでいた大浴場,入れず,部屋の
シャワーで済ませたようだ。


明日は帰るまでの時間,石垣島を堪能する予定だ。

大自然が残る西表島

(Sunny)
(05.09.19 Mon. 3:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 八重山家族旅行(1日目) ]
2005-09-16(Fri) 00:00:00
なんとか取った金曜の初めての夏休み。
金曜~日曜までの3日間,八重山旅行に家族で出かけた。

天気予報は3日間とも晴れ。
幸先は良好だ。


羽田発那覇経由石垣島行き。

飛行機から見た宮古島。
美しいリーフが取り囲んでいた。

また八重山に来れたことを実感した。

石垣着13時ころ。


レンタカーを借り出し,そのまま竹富島へ。

日射しは強く暑い。
この時期の八重山はまだ夏だ。

水牛による島内観光があったので,乗る。

1時間ほどかけて,ゆっくりゆっくり島を巡る。
朝から慌ただしくこの竹富までやってきたため,水牛の
のんびり旅行,いわゆる沖縄タイムとのギャップに少々
戸惑う。

少し島を散策していると,あっと言う間に時は過ぎた。


石垣島に戻り,この日からお世話になるホテルに行った。
ホテル内で夕食を摂り,久々に家族で酒を飲んだ。

酒に酔うに連れて,父親のロレツがおかしくなってきた。
“いろいろなことがあったけれど,とにかく,おれはいま
幸せなんだ。”と言っていた。

夕ごはんを食べてから,大浴場に入ると意気込んでいたが,
父親はそのまま寝てしまった。よっぽど気分よく飮めたらしい。


一人,大浴場に行き,さっぱりしてきた。
みんな,疲れて寝てしまったから,明日,行くべきところを
吟味。

明日は,西表島に行く。

水牛車で竹富島巡り

(Sunny)
(05.09.19 Mon. 3:20a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ちょっといい言葉 ]
2005-09-15(Thu) 23:59:00
安達祐実さんとお笑い芸人さんが結婚したというニュースが出た。

そのニュースの記事の中に,ちょっといいかもと思う言葉が
あった。

芸人さんの相方が言った言葉で,
“お前は世界で一番不幸な男だ。なぜならこんな素敵な女性
には二度とプロポーズできないんだからな。”

記事には“ボケると”とあったが,うーん,そうなのか?
彼がどんなシチュエーションでそれを言ったのかは記事からは
推定するしかないが,言われた方としてはかなり嬉しかったん
ぢゃないかな。


こいうちょっと意地の悪いというか,それでいて心から祝福
しているということが伝わる言葉,すごくいいな。

読んでいて,なんだか気持ちのいい記事だった。
こんな言葉,言われてみたい。

(05.09.16 Fri. 2:00a.m.)
monologueTB : 0CM : 0
  [ 利益確定 ]
2005-09-15(Thu) 00:00:00
少しの間ほっておいた株式に随分と利益が出ていた。
その額,およそ家賃半年分以上。

その一部を売って,利益を確定した。
とうとう液晶テレビを買う資金ができたようだ。

せっかくなので,贅沢に使ってしまおう。


いま,家にあるテレビはどうしようか。
まだ当分使えるような気はするが・・・。

誰か,このテレビの貰い手はいませんか・・・。
ちなみに,ワイド24型の9歳のテレビくんです。

早いもの順に先着1名様受け付け中・・・かも(^-^;笑)。

(Sunny)
(05.09.16 Fri. 1:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 人違い ]
2005-09-14(Wed) 00:00:00
打合せ先で。


予定の打合せを終わらせて,帰ろうしているとき,
ふと呼び止められた。

違う社の,違う人の名を呼んだ気がしたのだが,周囲には
自分しかおらず,もとより,彼の目は明らかに自分を見て
いた。


“あ,あの・・・人違いでは・・・”
と言う間もなく,別室に通された。

彼“あ,外は暑いからね,ま,ま,冷たいお茶でも飲んで
待ってて。いま,資料持ってくるからね”

別室に通され,お茶が出てくるまで1分弱。

資料を取りに彼が自分の前から消えるまで一息で言われた
日にゃ,人違い,と告白する余裕すらなかった。


資料を広げて,意気揚々と彼が話し始めようとしたところ
で,勇気を出して初めての告白。

“あの・・・○○(社名)のhidenakaですが・・・(^-^;。”

こいうときって,自分は悪くないのに,なんですごく申し
訳ないと思うんだろう。


彼“あ!そうだったね,ごめんなさい(>_<)”

非常に気まずい時間がしばし流れる・・・。


彼“せっかくお茶も入れたし,外は暑いからね,少し涼んで
から行きなね。ごめんね。すごく似てたから(^-^;。”

そうは言ってくれても,こちとて非常に居づらくなり,
そそくさと帰って来てしまった。


変な汗をかいた打合せだった。

(Sunny)
(05.09.15 Thu. 0:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ お前もか・・・ ]
2005-09-13(Tue) 00:00:00
日中,大学時代の友達からめーる着信。
“金曜日,暇だったらボーリングしよう”と。

あいにく,都合がつきそうにないので残念ながら断った。

その後,少しだけ近況をめーるで交換した。


“愚痴も鬱憤も相当溜まってるよ”ってめーるしたら,
“病んでるねぇ”と返信。

“そっちこそ,病んでるねぇ”ってさらに返信したら,
“この夏で,2kg痩せたし。ストレスのせいか肺が痛い”と返って
きた。

アイタタタ(>_<)
そこにも居ましたか・・・。


というわけで,今回とは別件で憂さ晴らしにいつか飲みに行くことに
した。

ちなみに,自分はこの1か月ほどで4kg痩せた・・・。

(Sunny)
(05.09.14 Wed. 3:10a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 近江屋洋菓子店 ]
2005-09-12(Mon) 00:00:00
先日,打合せの帰りに御茶ノ水を通ったので,久しぶりに
近江屋洋菓子店に立ち寄った。

雑誌にも紹介されたこともあるこの洋菓子店のケーキは甘すぎず,
素朴な味でとっても美味しい。

あまり着飾った感じのケーキではないけれど,安いし,そこがまた
いい。


事務所にいくつかショートケーキを買って帰って,食べてみた。
やっぱり美味しい,ここのケーキ。

また食べたいと思った(^-^)。


御茶ノ水という街は,古い街だし学生街ということもあり,
老舗や名物を持った店が多い。

大学・大学院と4年間過ごしたこの街。
和洋中,どの分野の店も紹介してあげることができちゃう。

御茶ノ水に行くことがあったなら,どの店に行ったらいいか,
連絡くださいませ,どこかいい店,紹介します(^-^;。

(Sunny)
(05.09.14 Wed. 3:00a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 総選挙 ]
2005-09-11(Sun) 00:00:00
総選挙の日。
みなさんは選挙には行ったでしょうか。

選挙は,選挙権を持つ者の義務だと自分は思っている。
選挙に行かないでいては,増税されたって,年金が破綻したって,
何の文句を言う権利はないと思うから。

選挙に行ってこそ,初めて発生する満足・不満を言う権利。
きちんと権利を行使できるように選挙に行ってきた。


結果は,現時点では開票途中だが自民・公明の圧勝は確実な情勢。

自民単独で300議席獲得もあり得るというほどの強さは,正直,
誰も想定していなかったかもしれないが,分かりやすい公約や
一貫した方針が国民に認められたということかとも思う。


亀井氏の国民をバカにしたような発言はどうしたって納得がいか
ないし,民主党首のまさかこんなに負けるとは思わなかったという
ニュアンスの発言には,どれほど民意が分かっていないのか?と
がっかりもした。


ニュース報道は,この時間,自民がこれほどまでに議席を取って
しまえば,一方的な政治になってしまうんではないかと,心配する
スタンスに変わりつつあるようにも見える。


とにかく,歴史的なほどの勝ちを収めた自公には,これが民意だと
強引に改革を進めるのではなく,これまでにも増して慎重な議論
を重ねての改革を進めていって欲しいと,一有権者として思う。

(Cloudy/Rain)
(05.09.12 Mon. 0:50a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ぶっ倒れそうなほど疲れてる人へ ]
2005-09-10(Sat) 23:59:00
薬局に立ち寄ったら,レジの前に気になる一品。

“アミノ酸をとっても効き目がなかったひと
ぶっ倒れそうなほど疲れてる人へ”
と大々的に謳った滋養強壮剤が売っていた。


一緒にいた友達も相当にストレスを抱えている,言ってみれば
自分の同士だ。

“ぶっ倒れそうなほど疲れてる人へ”といううたい文句にグッと
きた二人。

特に同意の言葉もなく,当然買うだろ!?と言わんばかりの目で
お互いを見た。


4本入りだったので,2本ずつ分けて持って帰ることにした。

今夜飮めば?と言われたが,今夜ギンギンになっても仕方ないの
で,きょうのところは持って帰って平日試すことにした。


ただ,思ったのは,自分らは,肉体的に病んでいるというよりは
精神的に病んでいるため,この滋養強壮剤が果たして効くのか。

医学的に,精神を元気にするクスリなどあるのだろうか・・・。
ま,考えてみれば抗うつ剤があるくらいだから,大丈夫なんだろう。


今週は,この強壮剤に頼って1週間乗り切ろうと思う。


-----------------------------------------------------

いい音楽を見つけた。
先日,新潟に向かう車中,FMから流れてきた曲。

KOKIAの“dandelion”って曲。

歌詞も曲調もすき。
ゆっくり穏やかな感じで,おおらかな曲調がなんとも心に響く。

いま,自宅でも通勤途中でもパワープレイ中だ(^-^;。

-----------------------------------------------------

(Sunny)
(05.09.11 Sun. 2:40a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 悪い癖 ]
2005-09-10(Sat) 04:38:00
たぶん悪い癖なんだと思う。
一度ハマると,ハマりすぎる傾向にある。

とりわけ,人に対する感情はその傾向が顕著だ。
そんなだと,ケガするのに・・・。
そんなこと,何度も勉強したはずなのにね。


幸か不幸か,日記にもある通り,会社で夢中にならざるを
得ない時間が多く,考える時間も少なくて済むけれど。

あれこれ余計なこと考えては苦難し,最後はしょーもないこと
と,諦める。これの繰り返し。



ところで,先日,ラジオを聞いていて,
“タイムマシンがあったなら,いつに行ってみたい?”
という質問があった。

どっちだろう。

過去かな,未来かな。

いま行くなら未来かな。
そう思うのは,託すのは未来しかないからか?


果たして,自分の5年後ってどうなってるんだろう。
笑っているかな。ヘコんでるかな。

願わくば,笑っていて欲しいけど。


いまの自分にはその5年後の姿をまるで思い描けない。

(05.09.10 Sat. 4:40a.m.)
monologueTB : 0CM : 0
  [ 連日の午前様 ]
2005-09-09(Fri) 00:00:00
連日の午前様。
といっても,飲んでいるわけではない。なんなら,一滴の酒も
飲んでいない。とても飮めない。


会社に行けば行くほど増えて行く事務処理量に,自分の処理が
全然追いついていない。

設計が完全に終わっていない段階での施工着工の見切り発車と
なったため,テンパる。日を追うごとに,施工日が迫ってきて
余計にテンパる。


会社を出るのは,終電ちょっと前。
自宅着はもちろん午前様。

電話もめーるもしない自分が悪いが,哀しいかな,携帯がなら
ない日々が続く。寂しいが仕方ない。


今夜,社内で,
“hidenakaくん,疲れてんな。顔に出てるよ”
と言われた。

自分では無意識なのだが,そいうのは顔に出るもんなんだと思った。


これまた無意識のうちに深いため息をつく。
向かいにいる人が笑った。

“これぢゃ幸せ逃げちゃいますよね・・・(失笑)”と自分。


当面,この生活は続く。

(Sunny)
(05.09.10 Sat. 4:20a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ショートカットキー ]
2005-09-08(Thu) 00:00:00
“やっぱり早いねぇ”という感嘆のお言葉をよく頂く。
自分のキーを打つスピードだったり,書類を作るスピードの
ことを言っているらしい。

たしかにブラインドタッチまがいのことはやっているし,
PCには慣れている分だけキーは打つのが早いかもしれない
けれど,完全に自己流だからよく打ち間違えるし,その分,
手戻りもあるから,実はそんなに早くはない(^-^;。


そのほか,もう一つ言えるとすれば,書類を作るときにあまり
マウスを使っていないことが大きいかもしれない。
ほとんどはショートカットキーを使っている。


“んん??いま,何した?”という質問はよくあって,その都度,
ショートカットキーについては説明してきた。
(あえて,マウスの使い方を教えないでキーしか教えなかったり。)

これは憶えておくと便利で,かつ早く書類が作れるっていうような
キーは教えてあげているけれど,なかなか皆それを憶えれない
らしい(^-^;。


Ctrl+Z(戻る),X(切取),C(コピー),V(貼付),A(全選択),S(上書き),
P(印刷)。
Alt+Tab(アプリケーションの切換)。

↑これを憶えるだけでもかなり早くなるし,ぜひぜひ憶えて欲しい
んだけどな・・・。

(Sunny)
(05.09.10 Sat. 4:00a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 虹 ]
2005-09-07(Wed) 00:00:00
日も傾いた夕暮れの第一京浜。
ふと前を見ると,空に大きな虹が架かっていた。

あんなに美しい虹を見たのは何年ぶりだろう。


手元にあった携帯で写真を撮ろうとも思ったが,みるみるうちに
消えて行く・・・。


とっさに願い事をした。

夢中だった。


流れ星のように儚い架け橋だった。
ただ,その瞬間,確実に心は安らいでいた。

(Cloudy/Rain→Sunny)
(05.09.10 Sat. 3:00a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 助け船 ]
2005-09-06(Tue) 23:59:00
本屋に行った。

気を紛らすための本を探した。

勇気づけようとする本,改心を促す本などいろいろな本の中で,
やっと自分がなんとなく求めてる本が見つかった。


その本は,いまの自分であれ,無理せずにそのままの自分であれ,
と訴える本だった。

この本にグッと惹かれたのは,いま自分が求めているものが,
がんばれという励ましではなく,包み込んでくれるやさしさ
だからかもしれない。

何かにすがりたい,という潛在意識の表れかもしれない。


500円足らずの小さな本だけれど,自分にはこの本が助け船の
ようにさえ感じた。

(Sunny)
(05.09.10 Sat. 2:40a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 忙しくても ]
2005-09-06(Tue) 01:49:18
“忙しい”という言葉がキライ。
だから,自分はよほどのことがない限り,自ら“忙しい”という
言葉は使わないようにしている。


たとえば,友達から誘いがあったとき“忙しい”と言って断る。
代替案を示してくれなければ,相手は,それ以上突っ込みようが
ない。

約束があったとき,“忙しいからきょうはやっぱり止めよう”
と言って約束を反故にする。相手は,そう言われれば諦めるほか
ない。


“忙しい”という言葉は,免罪符ではない。


気軽に使えて,なのに相手を傷付けやすい言葉だと思う。
この言葉には,随分と自分もやっつけられてきた。

使っちゃいけない言葉だとは思わないけれど,使い方には十分
気をつけたいと思う。


そしてその忙しい状態にかまけて,見失ってはいけないものを
見失わないように努めよう・・・。

(05.09.06 Tue. 1:50a.m.)
monologueTB : 0CM : 0
  [ 報告 ]
2005-09-05(Mon) 00:00:00
友達から,思いを寄せてる人が彼氏になった,と報告があった。

よかった(^-^)
彼女は,彼のことをすごくすきで,その気持ちの強さは自分も
知っていただけに,付き合うことになったのは喜ばしいこと。


自分と彼女は,なかなか微妙な間柄なだけに,彼女は自分に
そのことを伝えることに戸惑ったと言っていたが,報告して
くれたこと,嬉しかった。


やっと,やっと,一緒になれたんだもんね。
仲良くするんだよ。

その願い,神様のところに行く前に叶ってよかったね。

おめでとう。
いつまでもふたりが幸せな時間を過ごせますように。

hidenakaより

(Cloudy→Rain)
(05.09.05 Tue. 1:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0

copyright © 2005 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。