日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 秋の長雨 ]
2008-09-30(Tue) 00:00:00
梅雨に比べて秋の長雨って注目されることがない気がするが・・・。

ここ最近はどうもすっきりしない天気が続いていて,この日も雨が降った。
まさに秋の長雨のシーズンだ。

この雨のシーズンが終われば晩秋,そして冬になる。。。


明日からは10月。
衣替えの日になった。

思えば今年もあと2ヶ月。

(Rain)
(08.10.14 Mon. 1:50a.m.)
スポンサーサイト
diaryTB : 0CM : 0
  [ いつもより控えめな夕食 ]
2008-09-29(Mon) 00:00:00
会社に宿直する日。
宿直の日の夕食は,およそ決まってバーガーキングだ。

先輩2人と一緒に神田駅前にあるバーガーキングに行ってきた。
どうもバーキンに行く日は雨の日が多い。
この日もご多分に漏れず雨が降った。


いつも食べるのは決まって,ダブルチーズワッパーのミール(セットのこと)だ。

1セット1,000円と,ハンバーガーの割にちょっと値段が高い気がするが,でも,
その値段以上の美味さがそこにはある。

1セットだとちょこっと,ほんのちょこっと足りないのが常で,いつもは追加オーダーで
ダブルチーズワッパーを1個食べるが,この日は敢えてやめておいた。

あんまり食べるとメタボになっちゃうもんね(^-^;。

(Rain)
(08.10.14 Mon. 1:40a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 近所の温泉へ ]
2008-09-28(Sun) 00:00:00
自宅の近所にできた新しいスーパー銭湯に行ってきた。
嫁さまも誘ったが,行かないで留守番してるとのことだったので一人で行ってきた。

小雨が降る中で入る温泉は実に気持ちいい。


1時間半ほど風呂に入った後にグビッと飲む,コーヒー牛乳はやっぱり美味い!

そこには岩盤浴もあるらしいが,入浴料とは別にさらに800円がかかるらしく,
トータルするとちょっと値が張ることになるけれど,いつかは行く価値あり!?


これから寒い冬がやってくる。

温泉が気持ちいい季節がやってきた。

(Cloudy/Rain)
(08.10.14 Sun. 1:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 写真の選抜 ]
2008-09-27(Sat) 00:00:00
新婚旅行の思い出に,旅行中に撮った写真を印刷してアルバムにまとめようと思うのだが,
なかなかまとまらない。

全部で1,000枚超の写真から,とりあえず400枚程度まで選抜したものの,それでもこれを
全部印刷するとなれば,1枚30円として12,000円にもなってしまう。

値段もさることながら,うちで用意してあるアルバムは250枚しか収容できない。

これでは150枚も溢れ出てしまう・・・。


二次選抜,三次選抜を経て,なんとか来週までには印刷したいものだが。。。

(Cloudy)
(08.10.07 Tue. 10:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ コカ・レストラン ]
2008-09-26(Fri) 00:00:00
嫁さまと一緒に会社帰りに有楽町にあるコカレストランに行った。

自分も嫁さまもこの店のタイスキが大好き。
あの甘辛いタレがなんとも言えず美味い。


この日は海鮮鍋セットに野菜を追加し,最後におじやで締めるという,王道な食べ方
をした。

少々,いや,かなり食べ過ぎた感があるが,大満足。
あまりに食べ過ぎたおかげでベルトは締まらず,歩くと気持ち悪かったりもしたけれど・・・f(^ー^;


2ヶ月にいっぺんくらいはこんな贅沢もいいよね♪

(Cloudy)
(08.10.07 Tue. 09:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 最近太った? ]
2008-09-25(Thu) 00:00:00
この旅行の辺りから,どうやら太ったらしい。

おなかの辺りにお肉がぷるるんしている。

嫁さまには,
「♪ど~する,ど~する,お・な・か~ど~するど~する,おなか~♪」
と口ずさまれる始末。


メタボリックなカラダになる前に,痩せなきゃ!

(Cloudy)
(08.10.07 Tue. 09:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ きょうから会社 ]
2008-09-24(Wed) 00:00:00
長い長い新婚旅行のための休暇,11連休もいよいよ終わり,きょうから社会復帰した。

またいつもの憂鬱な早起き生活が始まるのかと思うと,なんだか元気出ないなぁ・・・。


また旅行計画でも立てて気分を高めるしかないか。
サイフはすっからかんだけど(>_<)

(Sunny)
(08.10.07 Tue. 09:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 時差ぼけの効果 ]
2008-09-23(Tue) 00:00:00
※20日の朝,8日間のタヒチ&イースター島の新婚旅行から帰ってきました。
旅行日記はこれから随時アップしますので,いましばらくお待ちくださいませ。



タヒチとの時差は,マイナス19時間。
ということは,日本時間に5時間プラスして1日戻した時間ということに
なる。

いまの時間を9月24日深夜0時とすれば,タヒチは23日早朝5時。

カラダはどうやらそのタヒチ時間に合っているようで,

昨日,寝た時間:21時(日本時間)<→2時(タヒチ時間)>
今朝の起床時間:5時(日本時間)<→10時(タヒチ時間)>
今日眠くなった時間:21時(日本時間)<→2時(タヒチ時間)>

だった。
見事にカラダはタヒチ時間になっている。


日本に帰ってきて時差ぼけが,イイ方向に働いている模様。

21時に眠くなって5時に起きるなんて,なんだか微妙に年寄りに
なった気分。。。

(Sunny)
(08.09.24 Wed. 0:10a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 心配性な友人 ]
2008-09-22(Mon) 00:00:00
11月初旬に,大学時代の同級生が水戸で結婚式を挙げる。

それにお呼ばれしている我ら悪友ども。
その悪友の中にも,とてもまじめでカシコイ友人がいるのだが,いかんせん心配性だ。

その他大勢の我ら悪友どもは全く気にしていなかった節があるが,彼だけが気づいた。
「そういえば,当日ってホテルは用意してあるのかな」


まぁ当然用意してくれてるでしょう,とかなり楽天的に考えてたけれど,アイツもそういえば
楽天的なヤツだった。

こりゃ心配だ。


ってなわけで,確認のTEL。

彼「あぁ~ごめんごめん,ホテルはね,ちゃんと用意したよ。」

自分「各人がクルマで行っても駐車場は大丈夫なの?」

彼「あぁ~確認してないけど,大丈夫じゃね?」


う~む,さすがは楽天的なだけある。
なんとかなる,っていうスタンス,おれはすきだな。

あとは当日,時間にさえ間に合えばいいでしょう。

(Cloudy)
(08.10.07 Tue. 09:30p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 両親がやってきた ]
2008-09-21(Sun) 00:00:00
昨日,成田空港に着いたとき実家に帰国の連絡をしたら,早速,次の日にうちに来るという。
まだ自宅を見たことないし行ってみたいってことで両親ともにやってきた。


夕方からこちらにやってきて,ひとまず自宅にご招待。
30分ほど自宅で休んだ後,駅前の飲み屋で飲みながら話をしようってことで外出。


最近,両親ともに健康作りのためか山登りやハイキングに出かけるなど,とても元気な
様子だ。

母親の方が強いことは相変わらずだが,いやいやながらも父親の出かける先について
いく母親もまぁそれも良しだ。

2~3時間,ちょっと酒を飲みながら会話して,少しずつ気持ちが通じ合えて行けばいいな
と思った。

(Rain/Cloudy)
(08.10.07 Tue. 09:20p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行8/8日目 ]
2008-09-20(Sat) 00:00:00
楽しかった新婚旅行も,とうとう終わりを迎えた。

台風の影響で,タヒチ・パペーテ出発が2時間ほど遅れた関係で到着も2時間遅れの
午前10時。

あぁ日本に帰ってきてしまった。


そこら中に日本語が溢れてる。。。


あまりガッカリしてても仕方がないので,帰りのバスのチケットを買う。

電車移動をなるべく少なくしたかったので,少々高く付いても,さいたま新都心行きの
高速バスに乗る。

新都心までは,2時間半くらいかかったかな。


重い荷物を担いで,ようやく自宅に到着。


タヒチの水上コテージは夢のような空間だったなぁ。
イースター島のモアイは,偉大だったなぁ。


あぁ,あぁ。。。


また海外旅行したいな。


これにて,自身の結婚に関するイベントのすべてが終了。
これからは嫁さまと二人,力を合わせて楽しい家庭を作っていくことを改めて誓うので
あります。

(Rain→Sunny)
(08.10.07 Tue. 08:30p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行7/8日目 ]
2008-09-19(Fri) 00:00:00
日付変更線を跨ぐため,この日一日は,無かったも同然。

少々,飛行機の中の様子でも。。。


乗り物の窓際大好きな自分にとっては,窓際の座席が取れなかったのはとっても
残念だったのだけれども,飛行のほとんどは夜間または,海の上なので,まぁいいか,
という感じ。


2+4+2の座席配置だったが,うちらが座った4の座席には,幸運にも誰も座らなかった。

おかげで,飛行12時間のうちのほとんどは,座席をベット代わりにして真横になって
就寝。

成田到着は,9月20日午前の予定だ。

(08.10.07 Tue. 08:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行6/8日目 ]
2008-09-18(Thu) 00:00:00
イースター島から5時間の飛行の末,また4日ぶりにタヒチに戻ってきた。

といっても,タヒチで過ごせるのはこの日1日のみで,夜中にはホテルを出発して
帰国の途に着く。


とても名残惜しい。

メリディアンホテルに帰還 かわいいネコに出会った


日中は,日本で待つ家族の皆さまへのお土産調達の時間にした。

予約していた地元の土産物屋のほかに,やっぱり地元のスーパーに立ち寄っておくのは
鉄則でしょうってなところで,カルフールに行ってみた。

おみやげはカルフールで


ここタヒチは,さすがはフランス領。
フランス資本のカルフールが何店も出店している。

店内は,至ってフツーのスーパーだ。


しかも,観光客がたくさん来ることはあらかじめ分かっているようで,チョコレートや石けん,
アロマオイルの類がたっくさん。

しかも,それでいてさすがはスーパー,安い。

嫁さまも興奮気味に友達の分のお土産を買っていた。


このあと,連れて行ってもらった予約していたお土産物屋さんにも,同じものが売っていたが
やはり,スーパーよりも2,3割高かったかな。

カルフールで調達しておいてよかったものもたくさんあった。

とは言っても,さすがは土産物屋。
人に手渡すにはちょうどいい,お手頃なものも多く,結局ここでも結構なお買い物をした。

新婚旅行も終わり近づく


さて,ホテルに戻ってきてお土産をカバンに詰め込んだ後は,タヒチ最後の海を満喫せねば。

小雨が降って少々悪天候だったりもしたが,もはやそんなものお構いなしだ!


水着に着替えて,海へGo!

カヌーをかり出して沖合1kmくらいのところに見える,リーフの境界まで行ってみた。

よく,リーフの外側は急に海が深くなる,とは言うけれど,実際にそれを目の当たりにして
みたい。

そんな単純な理由から,1kmをがんばって漕いだ。
リーフの内側は波がほとんどない,凪の状態だからカヌーを漕ぐのは比較的楽ちんだ。

沖合1km,リーフの境に到着


カヌーがリーフの境界に着いたところで,上陸。


うわ~すごくいい気持ち。
来ちゃったよ,来ちゃった!こんなところまで来ちゃった!っていう感動が湧いてくる。

すぐそこはもう外海。
突然大きな波がやってきて,乗ってきたカヌーが流されたら,自分らは溺れ死んでしまう
と思うと,ちょっと足がすくんだけど,その恐怖以上に気持ちよかった。






海でたっぷり2時間ほど遊んで,部屋で一休み。

美しい夕陽 タヒチの夕焼け

夕焼け 美しすぎるタヒチの夕焼け


夜の帰国に備えて,こころ落ち着かせて,この新婚旅行を振り返る。
水上コテージのテラスで最後の星空を見上げる。

タヒチの星空 満天の星たち


あぁ,いい旅だった。
高いお金払って来たけれど,こんないい旅ができるとは思わなかった。

ただ,一つ,心残りなのは,ボラボラ島に行けなかったこと・・・。
旅の途中で出会った人に聞いた見た話だと,ものすごく,そrはそれは想像以上に美しい
光景はボラボラ島にはあるという。

いつかはボラボラ島へ。

そんな宿題をのこして,タヒチを飛び立ち,一路,東京へ。。。

いよいよ帰国 一路,東京へ あぁ日本に。。。

(Cloudy/Sunny)
(08.10.06 Mon. 09:20p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行5/8日目 ]
2008-09-17(Wed) 00:00:00
きょうはイースター島,最終日。

泣いても笑っても,モアイを見られるのはこの日が最後になる。


朝起きてカーテンを開けると,実に怪しい雲行きだ。
基本的にこの島の天気は,「晴れときどき曇りときどき雨」というように,コロコロと
天気は変わるし,誰にも予想はつかない。

そうは言ってもなぁ,これからあの怪しい雲のほうに行くんだが・・・。

きょうは雨が心配


きょうの始めは,アナカイタンガタという洞窟から。
ここは食人洞窟とも言われていて,その昔,ここで儀式として食人が行われたとか。

もっとも,伝承としてのことなので,真偽の程は分からないが・・・。
事実として,ここで動物の骨しか見つかってないとか。

壁面には消えかかってしまってはいるものの,壁画がある。
潮風を浴びて,いつ崩壊してもおかしくなさそうなものだった。

アナカイタンガタ(食人洞窟) 洞窟内の壁画 アナカイタンガタの周囲


次は,タハイ遺跡。

ここはイースター島初日のサンセットモアイのときにも訪れた場所でもある。

夕陽のときに来た印象があまりにも強すぎて,日中に来るとなんだか感動もイマイチ
だったなぁと思ってしまったのは自分だけではないはずだ。

ここにいるモアイのうちの1体には目が入っているが,これは張りぼてであって,実際の
ものではない,とのこと。
ただ,昔の姿はこんなんであっただろうと想像がしやすい。

タハイ遺跡 タハイ遺跡に並ぶ5体のモアイ タハイ遺跡




次は,イースター島やモアイの歴史を知るのに一番の,イースター島博物館へ。

ここには本物のモアイの目が展示してある。
フリモアイというモアイ倒し戦争のとき,モアイの目はすべて破壊されたものと考えられて
いたが,たまたま目がついているモアイが発掘されたようで,ここに展示してある。

博物館はとても興味深く,もっとじっくり見ていたかったが,ツアーの時間上の制約もあって
そう長くは居られなかったのが少々残念だ。

モアイの目 ロンゴロンゴの書かれた木簡 イースター島博物館


続いては,プナパウ遺跡にやってきた。

モアイに乗っかっている帽子のようなもの,それは,帽子ではなく昔の人の髪型だとも言わ
れているそうな。

プカオはモアイを切り出した山とは別の山から切り出しており,この山から切り出した岩は
どれも,赤い色をしている。

岩石の構成が違うのだろうが,地質学者でもない自分にはそれ以上のことは分からなかった。

ここから切り出したプカオは,ゴロゴロと転がしてアフまで運ばれ,モアイに乗せられた。
ただし,どうやってその巨石を乗せたのかは,これまたナゾのようである。

プナパウ遺跡 転がるプカオ あちこちにプカオ


そして,イースター島で会える最後のモアイは,アフ・アキビ。

通常,モアイは集落の方を向いている。
これは,モアイの目から出る聖なる光に集落が守られるという信仰からだとのこと。

ただ,ここのモアイだけは,海の方を向いている。
何故なのかはよく分からないが,珍しいアフだった。

アフ・アキビ アフ・アキビ


ガイドさんに,イースター島でのモアイはここが最後です,と言われると,あれほどモアイ
ばっかりでちょっと・・・ってなっていた自分もなんだか少しもの悲しい気持ちになってしまった。

モアイさん,さようなら。。。


この日,最後の観光地,アナテパウ。
ここは,洞窟。

イースター島は,絶海の孤島であるが故,南極からの強い風が年中,直接吹き付けている。
この3日間のイースター島生活の中でも,風が止むことはほとんど無かったから,本当にそう
なのだろうと思う。

島で珍しく風の吹かない場所である洞窟は,植物たちにとって格好の場所だったりもするわけ
で,ここにはバナナが自生していたり,いかにも南国風を感じられる。

洞窟探検(もどき)のようなことをやったが,まぁ洞窟。
薄暗くて,まぁ,洞窟だ・・・。

アナテパウ(洞窟の入り口) アナテパウの中から アナテパウの中から


ツアーを終えて,帰りの飛行機までのしばらく,自由時間があった。
この自由時間を使って,ハンガロア村を散歩してみた。

街の中心部には,教会がある。
中にも自由に入れるということだったので,入ってみた。

ハンガロア村の教会 ハンガロア教会 ハンガロア教会


その頃,ちょうど突然の豪雨。まさにスコール。
とんでもない雨が降った。

傘を差したところで,全く意味のなさそうなくらいの激しい雨。
少々雨宿り。




そういえば,イースター島に大きな木や植物が育たないのは,風の他に,栄養に富んだ土
がない,ともガイドさんが言っていた。

さっきのスコールで確かに,表土がものすごい勢いで流れていた。
これじゃ,確かに土も痩せてるわけだ。

大雨が降るたびに,どんどん土が流れてしまうんだもん。

流れる表土


雨が止んでふと空を見上げたら,空に虹が架かっていた。
3日に1度は虹が出るというイースター。

3日目にして,ようやく1本目の虹を発見♪
なんだかすごく得した気分になった。

虹が見えた


名残惜しくも,こうして,イースター島の旅が終わった。

もう一生来られないかもしれないのかもしれないと思うと寂しかったけど,この3日間は,
一生忘れられない貴重な3日間になった。

夢のような,でも夢じゃない,とてもステキな3日間。

旅も終盤,LAN航空でタヒチに戻ります。

タヒチへの帰路 タヒチへ さよなら、イースター島


(Cloudy/Rain)
(08.10.06 Mon. 08:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行4/8日目 ]
2008-09-16(Tue) 00:00:00
イースター島に着いて2日目。
きょうは、一日中モアイの日だ。

イースター島の朝 イースター島の朝

まずはスーパーマーケットに立ち寄り買い物。
水等がない人はここで買い物を済ませる。

街並み


そして、観光のスタート!


まず向かったのは、アフ・アカハンガ。

荒涼とした高台に数々のモアイはいるが、そのどれもが、かつて起こったフリモアイ
(モアイ倒し戦争)のときに倒されてしまったものだ。

ほとんどのモアイが顔を下に向けて倒されているが、これは、モアイの目から出る
聖なる光を塞ぐためだった、とか。

アフ・アカハンガ 荒涼とした台地(アフ・アカハンガにて) アフ・アカハンガ


次は、ラノララク。
山の斜面に、たっくさんのモアイたち。

ここはいわゆる、モアイの製造工場だ。

山から切り出したモアイをここから運んで、各地に建てたということだが、その運び方が
現在に至るまでナゾのままだという。

木材をコロのように使って運んだという説が有力のようだが。

一番大きなモアイは山から切り出し途中だが、これがもし完成していれば高さ20mを超える
超巨大モアイになるはずだった。

高さ20mって言ったら、7階建ての建物に匹敵するものだ。

いかにも、デカイ!

モアイ製造工場・ラノララク ラノララク アフ・トンガリキを遠望

正座したモアイとアフ・トンガリキ 切り出し途中だったモアイ 作成中だった高さ20mを超えるモアイ

林立するモアイたち


続いて、この日のメイン。
アフ・トンガリキに向かった。

海岸沿いに、15体ものモアイが並ぶ光景は実に壮観だ。

日本のクレーン会社の協力によって、立て直されたという。
クレーン会社、GJだ!

あぁ~イースターに来たんだな、と実感でき感動するのはここに来たときかもしれない。

アフ・トンガリキ 圧巻のアフ・トンガリキ アフ・トンガリキ


アフ・トンガリキの感動も覚めやらぬうちに訪れたのは、地球のヘソと呼ばれる、
テ・ピト・オ・テ・ヘヌアという遺跡。

ここにある石は、磁気を帯びている。
方位磁石を近づけると、方位が違った方向を向いてしまう不思議な石だ。
かつて、ここでは人々がこの石のところでお祈りをしたという。

自分らもこの不思議な石の力の恩恵を授かろうと、お祈りしてきた。

地球のヘソと言われるテ・ピト・オ・テ・ヘヌア




きょうの最後は、アフ・ナウナウ。

アフ・ナウナウのモアイは、イースター島には珍しい、白砂の海岸の縁に立っている。
イースターには珍しい海岸のため、地元の人たちが集まってビーチでの遊びを楽しんで
いる。

ふと思ったが、イースター島は南半球。
9月と言えば、冬の最中だ。

それでも、ビーチバレーをしたり海水浴をしたりして楽しんでいるのはやはり南国なのだ。
自分は、南極から吹き付けるという冷たい強風のために、随分と厚着をしているっていうのに。。。


アフ・ナウナウのモアイたちは、とても精悍な顔つきをしている。

というのも、あまりの強風のために、モアイが砂に埋まっていたから風雨による風化から
逃れられたからだとか。
現在は発掘されてアフの上に立てられているが、現在も、海岸の白砂によってどんどんと
埋まってきているという。

アフ・ナウナウ アナケナビーチに立つアフ・ナウナウ アフ・ナウナウ


ここで、一度、ホテルに帰り夕ご飯。


そして再び出かけたところは、地元の民族舞踊のラパヌイダンスショーだ。
すごくリズム感があって、躍動感があって、とても楽しいダンスだった。

会場の雰囲気が盛り上がってきたところで、お客さんの何人かがステージに呼ばれて
ダンスを一緒に踊る、なんていうサプライズもあった。

なぜか自分がそのステージに呼ばれてラパヌイダンスを肌で感じてきたが、すごくすごく
恥ずかしかった。

ラパヌイダンスショー ラパヌイダンスショー






モアイづくしの一日で、もうモアイは・・・なんて思い始めていたが、明日はもうタヒチに戻ら
ねばならない日だ。

新婚旅行8日間のうち、もう折り返し地点を迎えたのかと思うと、なぜだかちょっとおセンチな
気分にもなる。。。

イースター島の星空

(Sunny/Cloudy/Rain)
(08.10.03 Fri. 09:20p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行3/8日目 ]
2008-09-15(Mon) 00:00:53
9月14日深夜、イースター島へ向けてホテルを出発。
これから、自分が一番楽しみにしているイースター島へ行く。

いざイースター島へ! 旅はLAN航空で さらに東へ


タヒチからさらに約4,000km東にある絶海の孤島イースター島。
現地の言葉、ラパ・ヌイ語ではラパ・ヌイと言う。
ちなみに、スペイン語では、Isla de Pascua(イスラ・デ・パスクア)と言ったりもする。
現地では、後からやってきたヨーロッパ人によって広まった『イースター島』よりも、
『ラパ・ヌイ』の方を好んで使うようだ。


イースター島という島の名の語源は、かつてこの島を発見したオランダ人が、イースターの日
に発見したため、「イースター島」と名付けたのだそう。


タヒチ時間の深夜1時頃、タヒチ発。
5時間の飛行時間を経て、とうとう上陸したイースター島。

念願の地だ。
おそらく、一生で一度しか来られないだろうところでもあり、そう考えると感動もひとしおだ。

イースター島到着 イースター島上陸 マタベリ国際空港にて

現地の観光ガイドの最上さんは、現地に住んで10年になるのだそう。
これから3日間、最上さんのガイドでイースター島をくまなく案内してもらうことになる。

イースター島とタヒチとの時差は、4時間。
日本との時差は-15時間らしいが、ここまで来ると、もはや体内時計の調整機能など
働きもしない。

タヒチ時間にカラダが合ったかと思えば、すぐにイースターで-4時間。
カラダも疲れてるわけだ。

イースター島全図


現地時間の朝、イースター島に到着したが、そのまま15時頃までホテルで休憩時間を
くれた。

お世話になる Hotel Tahatai

午後からは島の南部にあるラノカウ山周辺を中心に観光をすることに。

それまでの間、ホテルにて昼食を取ったり、近所を散策したりして時間を過ごす。

イースター島は、ガイドブックにもあったとおり、風が強い。
いや、強いなんてもんじゃない、とんでもなく強い。
いつも暴風が吹いていると言っても過言ではない。

ガイドの最上さん曰く、絶海の孤島であるが故、南極から直接風が吹き付けるため、
なのだという。

う~む、なるほど。

また、気象も非常に変わりやすい。
この辺りは、熱帯性のスコールみたいなもんで、ザーッとものすごい雨が降ったかと
思えば、あっという間に晴れ間が覗く。

天気予報はこの島にはなく、あってもいつも、「晴れときどき曇りときどき雨」なのだとか。
そんな天気だから、虹もよく見られ、3日に1度は虹が見られるという。


さて、そんなこんなで、15時。
初日の観光が始まった。

まず向かうのは、島民4千人のほとんどが暮らすハンガロア村が一望できる高台。

かつては最大で2万人ほどがこの島に住み、人が増えすぎたせいで部族間の争いが
起こり、悲惨な出来事があったともいう。

現在、この島の人口の3分の1は、学生であり、非常に若い島だ。
今後、彼らが大人の世代になった頃、人口が急増するだろうとも言われているとのこと。

ハンガロア村遠景

さて、次は、大きなカルデラ湖をたたえるラノカウ山へ。

イースター島は火山島であり、島には3つの火山がある。
そのうち、このカルデラ湖は島最大のものだという。

空の色によって、空の色を写すこのカルデラ湖の色も変わる。
この日は、少々曇り気味ってこともあり、微妙に薄暗い感じの色になっていた。

カルデラ湖・ラノカウ かつての住居跡




カルデラ湖をぐるっと回った辺りに、オロンゴ儀式村がある。
かつて、鳥人を信仰する、鳥人信仰があったが、その時代の儀式を行なったところだ。

断崖絶壁と、さきほどのカルデラ湖。
大変景色がよく、気持ちがいいものだが、いかんせん風が強い。

オロンゴ儀式村

この日初めてのモアイは、アフビナプだ。

ちなみに、『アフ』とはモアイが立っている祭壇のことで、モアイ見学のときはこのアフ
に立ち入ってはならない。

不用意に立ち入ると祟りがあるとかないとか。

初めてこの目で見たモアイは、倒れているけれども非常に感動的だった。
そして、モアイってかなり巨大な石像であるってことも分かった。

しかし、これを一体どうやって運んだんだろう。。。

アフビナプのモアイ プカオ

ここまで来たところで、一旦、ホテルに帰り、そして、再び外出。
サンセットツアーに出発。

ハンガロア村から一番近い遺跡のタハイ遺跡に向かう。

微妙に曇り空で、キレイな夕陽が見られるか少々不安であったが、この夕焼けのモアイは
一番感動したと言っても過言ではない、それほどの美しさだった。

夕焼けに染まるタハイ遺跡のモアイ 夕焼けのモアイ

明日は、島の北部に向かい、モアイの製造工場などなど、モアイづくしの一日だそうだ。

(Sunny/Rain)
(08.09.30 Tue. 07:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行2/8日目 ]
2008-09-14(Sun) 00:00:00
夕べは時差ぼけや疲れのせいもあって,早々に寝てしまったが,この日は一日,
タヒチ島内観光のオプショナルツアーを申込んでいたので,7時起き。

タヒチで迎える朝(奥はモーレア島)

ホテル内でビュッフェ式の朝食をばっちり食べて,いざ,ツアーに出発。


我々の泊まっているメリディアンを出発地に,インターコンチネンタルなどいくつかのホテル
を巡ってツアー客を各地で拾ってレッツらゴー!


始めはタヒチ一番の繁華街・パペーテが一望できるタハラアの丘へ。
軽く10分ほど,眺望を楽しんだ後,バスは次の目的地へ。

タハラアの丘からの眺望 タハラアの丘からの眺望

ビーナス岬の灯台。
キャプテン・クック船長がうんぬんとガイドさんが案内してくれたが、歴史的な話にイマイチ
な自分にはピンと来ず、周囲の風景を楽しむだけ。

ビーナス岬の灯台

この海岸は見ての通り、黒砂のビーチであり、ある意味、この光景に見慣れた自分には
あんまりパッとしなかったのはここだけの話だ。

ビーナス岬・黒砂のビーチ

タヒチの花・ティアレ
↑これは、タヒチの花・ティアレ

さて、続いては、タヒチ観光のメインイベントの一つと言ってもいい、アラホホの潮吹き穴へ。
突然のスコールで、危うくスルーしそうになったのを、ガイドさんに、「もうすぐ止みますよ」
「あ、止んだ」とぶつぶつ言ってた甲斐があって、無事に見ることができた。



次は、ゴーギャン博物館。
ゴーギャンって何者?って思ったのはまさか自分だけではないと思うが、どうやら有名な
画家のことらしい。

イマイチ、グッと来なかったので、風景画をどうぞ。

ゴーギャン博物館 温暖化を予感させる光景 椰子の実

タヒチには大きな島(タヒチ・ヌイ)と、小さな島(タヒチ・イティ)があって、きょうのツアーは
タヒチ・ヌイを一回りする。

椰子のプランテーション

そのほぼ一周回った辺りに、マラアの洞窟なるものがある。
残念ながら、落石の危険があるとかで近年、洞窟内に入ることができなくなってしまった
らしく、遠巻きにその洞窟内を覗くことで終了。

マラアの洞窟 マラアの洞窟

洞窟は残念だったが、そのマラアの洞窟の反対側にある海は、とてつもなくキレイだった。
ツアーの予定にない海の散歩だったが、ツアー客みんなで写真撮影会。

最高にキレイな海


最後に、タヒチの歴史を学べるタヒチ博物館へ。
タヒチという島がどうやってできたのか、なかなか興味深い博物館だった。


そして、ツアーの締めに昼ご飯。
昼食を取るレストランには水族館が併設されていて、食事をとった後は集合時間まで
水族館で時間をつぶすってことだったので、早速ごはんを食べて見に行った。

水族館へ続く道 水族館の入り口 水族館


さて、ツアー終了は15時だったのだが、このままホテルに帰ってもおもしろくないので、
日曜日なのにパペーテの市内でツアーのバスを降ろしてもらった。
ちなみに、タヒチの日曜の午後はほとんどすべての店が休業で、時間を潰すことすら
難しい。


タヒチの青い空 カテドラル教会


夕焼けが美しい 夕焼け


18時まで市内散策とマックで過ごして、タヒチ名物のルロットで夕ご飯を食べる。
いろいろな屋台が出ていてどれにしようか迷ったが、観光ガイドにオススメと書いて
あった店でクレープなんぞ食べる。

これが想像以上に美味しい。
クレープといえば日本では甘い食べ物だが、ここではどうやらピザに近い食べ物らしい。

屋台村・ルロット クレープが美味い ルロット

夕ご飯を食べた後、タクシーでホテルまで戻って、今夜のイースター島出発に備える。

(Sunny/Rain)
(08.09.29 Mon. 11:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行1/8日目 ]
2008-09-13(Sat) 00:00:00
9月13日から20日にかけて,新婚旅行に行ってきた。
行き先は,新婚旅行のメッカ・タヒチと,いつかは行きたかったイースター島。


朝5時半に起床,6時に自宅を出発。

7時19分発の京成スカイライナーで6年ぶりの成田空港へ。

京成スカイライナー

飛行機が11時半発だから2時間前の9時半頃に着けばよかったんだろうけど,
8時半には成田空港着。

早めの昼ご飯を食べて,空港内を散策。

いざタヒチ・パペーテへ 11:30発

タヒチまでの飛行時間はおよそ11時間半。
つまり半日,飛行機に乗りっぱなしだ。

タヒチと日本の時差は,-19時間。
ということは,計算上,「日本時間に5時間プラスして1日日付を戻す」ということになる。

11時間半後,タヒチ着

11時間半の長い飛行時間末,タヒチに到着!
到着時間は,現地時間の9月13日午前4時。

タヒチ上陸

タヒチのファアア空港では,午前4時というとんでもない時間でありながらタヒチアンミュージック
の生演奏隊が出迎えてくれた。

後で聞いた話だが,タヒチの国際線はいずれもこんな深夜に発着するのが一般的らしい。

ファアア空港

現地旅行社・South Pacific Toursの添乗員が出迎えてくれ,早速,明日までお世話になる
ホテル・Le Meridien TAHITIに連れて行ってくれた。

Le Meridien Hotel

メリディアンホテルでは,今回,嫁さまの一生の願いでもある水上コテージに宿泊する。

夢の水上コテージ 夢の水上コテージ 夢の水上コテージ

9月13日の午前11時に日本を発ったのに,タヒチに着いたら同日の午前6時にホテルにいる
っていう感覚が,とっても不思議だ。

どう考えても,「1日得した!」という感覚にしかなれない。


飛行機疲れを癒すため,少々ベッドで休む。
コテージの周りは見渡す限りの珊瑚の海だけれど,まぁそう焦るな。
午後から泳ごう。

コテージからの眺め 散歩道からサンゴの海が見えた

昼ご飯をホテルの近所のレストランで摂って,早速水着に着替えて珊瑚の海へ。
シュノーケルのセットは,ホテルで無料で貸してくれた。

これからシュノーケリング



↑動画の最後の方で,水を飲んで苦しがってますが気にせずに・・・(^-^;

しばらく海で遊んだ後,コテージでカラダを休めてから,ディナーへ。


夜,ふと空を見上げたら,ものすごい数の星!
あっちの地平線の彼方から,こっちの地平線の彼方まで,無数の星!
手元のガイドブックに南十字星の見つけ方が書いてあるけれど,星がたくさん過ぎて
どれが南十字星なのか分からない。

水上コテージのテラス 無数の星たちが見える 水上コテージ

新婚旅行1日目,タヒチの夜は波の音とともに更ける。。。

(Sunny/Cloudy)
(08.09.28 Sun. 10:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 準備万端 ]
2008-09-12(Fri) 00:00:00
いよいよ明日からタヒチ&イースター島への新婚旅行。

仕事を途中で放り投げて(ちゃんと引継ぎをしてきた),早めに帰宅。

荷物も準備万端,パスポートも持った,お金を大丈夫。
何かと役に立つクレジットカードもバッチリ持った。

いよいよ明日から8日間の旅。

楽しみだ♪

(Sunny)
(08.09.27 Sat. 11:40p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 予報外れの雨 ]
2008-09-11(Thu) 00:00:00
朝の天気予報を見て,雨が降らないっていうから洗濯物を外に干しっぱで仕事に来た
のに,昼過ぎ,突然の大雨。

なんだよぉ~
そんなん聞いてないよ~(>_<)

気象庁のバカ!(>_<)

(Cloudy/Rain)
(08.09.27 Sat. 11:30p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ きょう一番始めにしたこと ]
2008-09-10(Wed) 21:31:15
きょう一番始めにしたこと。

『台風情報のチェック』


なぜって?

実は昨日、天気予報を見たら、遙か南、沖縄のさらに南の方角に、ポコッとアイツが発生
したのだ。


9月と言えば、アイツの季節。

自分は、アイツが元気に発達するこのシーズンオンな時期にヒコーキに乗って出かける
ので、旅の計画を立てたときからずっとずっと、気がかりだったのだ。

その気がかりがいよいよ現実のものになろうもんなら、どんなに無頓着なヤツだって、
気にならずにはいられないでしょう。


Yahoo!の天気予報のページをクリックして、台風情報のページに飛ぶまでの数クリック。
その一つ一つのクリックに、祈りを込める。

「頼むから13日だけは日本に来ないで・・・(14日以降は別に・・・(自粛)」


その祈り、通じたか、少なくとも13日までは沖縄の辺りでウロウロしてそうな感じだ。

これで旅の出発の安全は確保されたも同然だ。
まさか、急にこっちに向かってくることさえなければ。

日本の天気予報は精度が高いって世界的にも有名なんでしょ?
ならば、信じましょう。気象庁のいまの予報を。

(Sunny)
(08.09.10 Wed. 09:30p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 旅立ち前の追い込み ]
2008-09-09(Tue) 21:55:17
週末の海外への旅立ちを前に、仕事が詰まってる。


自宅に帰ってから夕ご飯を食べると、あっという間に日付変更線。
ちょっとまったり~なんて思ってインターネットでもしようもんなら、すぐに寝る時間に。

嫁さまは着々と、旅行の準備を進めているが、自分の荷物は全くまだ整理できていない状況。


明日には準備を始めねば。
直前に準備すると、必ず何か忘れ物しそうな感じなのがとってもいやだ。

普段はいい加減なのに、こんなときに限って、心配性なのはとても面倒な性格だな~と
つくづく。。。

国内旅行の場合、「お金さえあればなんとでもなるさ~!」なんて言ってるのにね。


あぁ~終バスが近い。
帰らなくちゃ。

(Sunny)
(08.09.09 Tue. 10:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ タバコ消費量が増える ]
2008-09-08(Mon) 00:00:00
ここんとこ、ストレスの溜まるような仕事を一日中一生懸命やっている。
おかげさまで、一時期減っていたタバコの消費量が増えて来ている。


タバコって、お金掛かるんだよねぇ。
一日一箱、300円だよ?

300円×30日=9,000円。

9千円あれば、どんな高級なお食事ができる!?


いやいや、そんな計算はかつて何度だってやったさ。


一日20本として、それを60年。
タバコ1本の長さが、85mmだから、一生で36,000mのタバコを吸うことになる。

つまり、山手線1周分だ。

タバコで山手線が1周できちゃうんだぜ!
スゴイだろ。


金額にしたら、650万円だ。
この金額だったら、地球1周旅行3回はできるだろう。
スゴイだろ。


こんな計算、これで、何十回目だ。


数年先には、タバコも1千円の時代がやってくる。
そうしたら、この金額計算もやり直さなくちゃね。

ってか、その頃にはタバコがやめれますように。

(Sunny)
(08.09.10 Wed. 09:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 2万円のお買い物 ]
2008-09-07(Sun) 00:00:00
自宅にあった、東武百貨店の商品券2万円分の消費期限が9月10日と迫った。

このままでは2万円が無駄になってしまうので、特段欲しいものがないけれど、
嫁さまと東武百貨店に欲しいもの探しの旅に出た。


いや、欲しいものが全くないわけじゃない。
けれど、何もそれを百貨店で買わなくてもいいんじゃね!?
というようなやつばかりで、なんだかこんな使い方で2万円使っちゃうのがもったい
ない、なんて思ってしまう、なんとも貧乏性な我ら。


まず、百貨店内にあるユニクロで5千円を消費。
ここまで来てユニクロ?とも思ったが、これが何を隠そう一番効率のいい商品券の
使い方だったりするんだろう。

続いて、スポーツ用品売り場で、ハーフパンツを購入で5千円消費。
これこそ、どこぞの○トーヨーカドーで買った方が安かったんでないか!?


これにて1万円消費完了。


自宅にあった高級ボールペンの替えインクでも買おうと文房具売り場に行った。
ところが、型に合う替え芯がなく、しょんぼり。。。


いよいよ買うものがなくて困ったが、嫁さま曰く、ヒコーキの中はちょっと寒いよ、
ということなので、カーディガンなどを物色。

1万円ちょっとという絶妙な値段のカーディガン発見。

たいして品定めもしないうちに、「んじゃ、これください」と、大人買い。


これにて、2万円の商品券、無事に消費完了。


2万円って使うの、なかなか難しいね。

(Cloudy→Rain)
(08.09.10 Wed. 09:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ ドラゴンボート練習 ]
2008-09-06(Sat) 00:00:00
会社でやっている部活動、ドラゴンボート。

5月の段階で、今季の大会はすべて終わった、という情報が来たため、だいぶ油断
していたら、先週くらいに招集命令が。


大会もないっていうのに、練習をするなんて・・・。


小雨決行という通達まで出されて、雨を期待する微かな希望も見事に打ち砕かれ、
土曜日だっていうのに、渋々早起きして参加した。

そりゃ、集合場所の勝どきに集まってみんなとしゃべり出すと楽しいのだが。


みっちり2時間、船を漕ぎっぱなし。

あちゃーこりゃ、明日からしばらくは筋肉痛に悩まれそうだ。。。

(Sunny)
(08.09.10 Wed. 08:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 招待状 ]
2008-09-05(Fri) 00:00:00
大学時代の同級生の結婚式が11月に迫った。
この日、自宅に招待状が届いた。


11月のとある日、水戸に泊まりで行ってきます。

飲み好きな仲間が集まった自分らのことだから、しこたま飲んじゃうんだろうなぁ。

家庭を持つ人も多く、最近の飲み会は、きちんと自宅に帰らなくちゃいけない。
その意味で、この日はホテル泊は確定だし、エンドレスで思う存分飲める。
すごく楽しみだ。


早速、招待状の「出席」欄に大丸を書いて返信完了。

覚悟して待たれり!!
テルちゃん!

(Cloudy)
(08.09.10 Wed. 08:50p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 京成スカイライナー予約完了 ]
2008-09-04(Thu) 00:00:00
9月13日からのタヒチ&イースター島の新婚旅行。
いよいよ1週間後に迫ってきた。

そういえば、電車の予約をしてなかった。
成田空港といえば、ここはやっぱりJRよりも安くて快適、京成スカイライナー
でしょう


早速、インターネット予約を試みるも、Web予約分はすでに満席の模様。
予約センターに直接電話すればまだ席が取れるかもしれないってんで、
焦って、勤務時間中ながら予約センターに電話。


JRではすでに廃止になっている(?)、喫煙席も選べるってことだったの
だけど、ここは嫁さまはきっと、禁煙席を希望するだろうと思って、

「き、き、喫煙、ではなくて、禁煙席でお願いします」


京成スカイライナー5号の禁煙席、2席、ばっちり確保でございます。


スカイライナーに乗るなんて、もう何年ぶりだろう。
わくわく

モアイさんよ!待っててちょ。
もうすぐ会いに行きます。

(Sunny)
(08.09.05 Fri. 02:20a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 大寝坊 ]
2008-09-03(Wed) 00:00:00
前の日の晩、嫁さまとちょこっと晩酌。
嫁さまはこの日休みだったから、夜遅くまで起きててオッケーだったわけだけど、
自分は通常勤務の日。

夜遅くまで起きていちゃいけなかったんだけど、つい・・・。


起きたら7時40分!
もうこの時間にはとっくに電車に乗ってなくちゃいけなかったのに・・・。

大寝坊だ。。。


やっぱり、毎朝嫁さまに起こしてもらってる甘えがダメなのか。

久しぶりにやってしまった朝でした。反省。

(Sunny)
(08.09.05 Fri. 02:10a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 会社ケータイを機種変したい ]
2008-09-02(Tue) 21:30:48
会社ケータイを機種変したい。

そろそろ今使ってる会社ケータイも飽きてきたし、電池の持ちもとっても弱いし、
というより何より、このF902i、メールが打ちにくいんだよ!

なんでメールがこんなにトロイんだ?このケータイ。

使い勝手がとっても悪いので、機種変をしたい衝動に駆られてるわけだけど、
どうやったら、会社に機種変を正当な理由で申し出られるだろう。


以前、別の事務所のとある人物から入手した極秘の裏技によれば、

「液晶画面を見えなくしちゃえばいいんだよ」

とのこと。

なるほど、そうか。
それならば、ケータイが壊れたわけではないから、緊急の電話には出られるし
モーマンタイ。

でも、かといって、自分からかけようとすれば、それはそれは不便なわけか。
なるほど、それは妙案だ。

裏技なわけだな。


ところで、どうやって、液晶を見え無くすればいいのだ?
その自分の問いに、彼は焦ることもなくこう答える。

「親指でギュッ!とこうすればいいんだよ」


おぉ~~~なるほど、なるへそ。
そいうことか。

そいつは裏技なわけだ。


この裏技を覚えて、早1年半。
会社の犬で、小心者で、かつ、正直者な自分に、それを実行に遷す勇気がない。
致命的だ・・・(>_<)・・・??


あと、どれくらい、このトロいケータイを使い続ければいいんだろう・・・。

(Sunny)
(08.09.02 Tue. 09:30p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ いつかはパパに ]
2008-09-01(Mon) 00:00:00
会社に宿直していた、この日、深夜にテレビで「PTA(パパ・タレント・アソシエーション)」
なる番組がやっていた。


別に観ようと思って観た番組ではなかったものの、ついつい全部見てしまったら、
なんだかこの番組とっても面白かった。

パパタレントが数名、番組に出てきて、なんだかほのぼの会話を繰り広げてる。

どの家庭のパパも、子どもがすごくかわいい、すごくいいパパをやってんだな、っていう
のが伝わってくる番組だった。


まだ自分に子どもができたわけでもないので、あれだけど、いつか近い将来は自分も
きっと、パパになるわけで、そしたらやっぱり家庭ゼッタイ第一のパパになるんだろうか。

どうしたって親バカなパパになってしまうんだろうか。


ありきたりながら(!?)・・・
もし、息子ができたら、自分もキャッチボールがしたい。
もし、娘ができたら、将来連れてきた彼氏の前で、ちゃぶ台をひっくり返すか、無言で
貫きたい。


自分もいつかはパパに・・・

(Sunny/Cloudy)
(08.09.02 Tue. 09:10p.m.)
diaryTB : 0CM : 0

copyright © 2008 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。