日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 沖縄・慶良間旅行-3日目- ]
2009-09-08(Tue) 00:00:00
夕べ、宿のおじさんに「そばの浜辺で、運が良ければウミガメが見られるよ」なんて
情報を仕入れたので、朝ご飯を食べた後、早速海に行ってみた。

ウミガメと泳ぐなんて想像したこともなく、まさかテレビの中でのことだと思っていた。


海に入って、30分。

やっぱり居ないよな~。
そう簡単にあえるわけもないよな~。

なんて諦めかけてたそのとき、近くで一緒にウミガメを探してた若者たちが
「カメがいる!」と教えてくれた。


もう時間ギリギリだけど、ここまで来たら船の出航時間ギリギリになってでも
見なくちゃ損をする。


居たいた!ウミガメ。
人生初の生ウミガメ。

ウミガメにも逢いました

ちょうどこの時間は、ウミガメも朝ご飯の時間らしい。
海底に生えてる海草を美味しそうに食べてる。

息継ぎのために海面に上がってきたり、また海底に潜って海草あさったり。

う~ん、とっても優雅。

うちらはそれを見守る。


ものすごい感動♪

[高画質で再生]

ウミガメ

[広告] VPS
時間にしてわずかに15分くらいの出来事ではあったけれど、いい経験ができた。
このウミガメが見られただけでもこの慶良間に来た甲斐があったというもの。



この後、座間味島で一番キレイだというビーチ、古座間味に行った。

古座間味ビーチ

この島一番の観光地というだけのことあって、人がたくさんいる。
サンゴもあるし、白いビーチもとても気持ちがいい。

はやる気持ちを抑えながら海の中へ。


鮮やかな色のサンゴや魚たち。

小さな魚がいっっぱい泳いでる。
昨日行った無人島もよかったけど、ここの方が魚はいっぱい居たかな。


この後、一旦宿に帰って、14時半発のフェリーで那覇へと戻る。
1泊2日の短い慶良間はちょっともったいなかった気がした。

お世話になったペンションはまゆう

ほんとはもっとゆっくり時間つくって遊びに来た方がいいのだろうけど。。。


那覇に着き、国際通りで夕ごはんを食べ、夜の飛行機でバビューンと一気に東京へ。
あっという間に現実に引き戻され。。。


よかったなぁ、南の島。
今度は、最南端の島、与那国島に行ってみたいな。

あそこには海底遺跡があるんだよね。
その前に、スキューバの免許でも取らなくちゃ。

(Sunny)
(09.10.03 Sat. 06:00p.m.)
スポンサーサイト
diaryTB : 0CM : 0
  [ 沖縄・慶良間旅行-2日目- ]
2009-09-07(Mon) 00:00:00
この日は憧れの慶良間諸島へ向かう。

慶良間に島々数々あれど、どの島へ行ったらいいのか分からないので、
「マリリンに逢いたい」のでという理由に座間味島へ行くことに決めていた。

慶良間へ向かう方法は2つ。
高速船でズバッと向かう方法と、もう一つはフェリーでのんびりと向かう方法。

今回は、お金の問題と別に急ぐ旅でもないということで、フェリーを選択。
というか、やっぱり船と行ったら甲板に出てタバコが吸えるフェリーに限るでしょう。


那覇・泊港10時発。

フェリー慶良間 一路、慶良間へ

まずは阿嘉島

阿嘉島を経由して座間味島到着はジャスト12時。
台風の影響で少々風が強い。

到着 座間味島到着

座間味島の港へは、今夜お世話になるペンションのおねいさんが迎えに来て
くれていた。

クルマに乗って早速宿へ。


一休みしてから、きょうの観光スタート。

まずは一番の目的地、無人島へ。
慶良間に来たら何はともあれ、海を見なくっちゃね。

海上タクシー・・・なる、漁船で無人島へ送ってもらう。

無人島の安慶名敷島

Blue Marine・・・!?


シュノーケリングセットを借りて、いざ海へ。

とにかくサカナ、さかな、サカナ。
青いの、黄色いの、黒いの。
とにかく、たーーーっくさん!!

座間味の海で 座間味の海で 座間味の海で


慶良間ブルー

去年、タヒチの海でリーフの境目を体験したけれど、この日は、その境目から急激に
深くなるっていうのを体験。
それまで水深せいぜい3~4mなのが、あるところを境にして底が見えないくらいの深み。
なんだか吸い込まれそうで怖かったなぁ。。。


[高画質で再生]

座間味島のサンゴ

[広告] VPS
3時間ばかし慶良間ブルーの海を満喫して、宿に帰る。

夕焼けが美しく


お風呂に入ってさっぱりしたところで、夕ごはん。
おかずが美味しくて、ごはんのおかわりしまくった。


夜中、就寝前に一服を、と思って、外に出たら、ちょうど宿のオジサマ方も一服中。
しばし談笑しているうちに、

「夜光虫って見たことあるかい?」となり、嫁さまを呼んできて海に行ってみる。

海辺で宿のオジサンたちと1時間ばかし、おしゃべりをした。


この島にはウミガメがいること、それもすぐそこの浜辺で。
運がよければ明日の午前中、会えるかもしれないこと。

マリリンのこと。

島の夜空のこと。

とにかくいっぱい話をした。


こうして座間味の夜が更けていった。。。

(Sunny)
(09.09.22 Tue. 03:30a.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 沖縄・慶良間旅行-1日目- ]
2009-09-06(Sun) 00:00:00
溜まりにたまったJALのマイレージ。

今年の夏はどこへも行けなかったので、嫁さまにどこへ行きたいか聞いてみたら
『沖縄!』と即答だったので、一度行ってみたかった慶良間諸島を目指すことにした。


航空券のすべてをマイレージで精算できたため、飛行機代は持ち出しなしでOK。


計画では那覇に1泊、慶良間島で1泊の予定とした。


今回は、リゾートではあるけれど、豪華リゾートを期待していないので、地元民の
人柄とふれあえる民宿に泊まることにした。


さて、1日目。

朝9時に羽田空港を飛び立ち、那覇には11時半着。

いざ沖縄・慶良間へ

那覇空港駅は最南端の駅なんだとか


きょうはどこへも移動しないので那覇でゆったりまったり過ごす。

早々にホテルにチェックインして荷物を置いて、近所を散歩したり。

那覇唯一のビーチ


沖縄に来たこと、数々あれど、いつも運転手のため、国際通り近辺で酒を飲んだ
ことがなかったので、それをぜひやってみたかったわけでして。

夕ごはんがてら入った居酒屋では、沖縄音楽の生演奏などやってくれて、とても
楽しい那覇ライフを初体験。

沖縄民謡聴きながら・・・


こうして、初めての那覇ライフが終わった。

明日は、いよいよ憧れの慶良間へ!

(Sunny)
(09.09.11 Fri. 08:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0
  [ 夏休み ]
2009-09-03(Thu) 23:00:41
お盆休みにきちんとした休みを取っていなかったので、
嫁さま孝行のためにも日曜から3日間、出かけることにした。

溜まりに溜まったマイレージ6万マイル
この際、一気に使ってタダ旅行して参ります。

行き先は、一度は行ってみたかった『沖縄・慶良間諸島』
(ほんとは黒部ダム行って、破砕帯やアーチダムのウンチクを・・・
などと考えていたのだが。。。)


昨日まで曇りばかりで芳しくなかった天気予報もきょう見たら、
すべて好転。

これも普段の行いがよろしいからでしょう、間違いなく。


白い砂浜に、碧い海、無人島にも行くし、タコライスも、
海ブドウも、なんでも食べてくるさ♪

サヨナラ、トウキョウ。
ガンバレ、東京残留組。
後は頼んだ!

(Cloudy)
(09.09.03 Thu. 11:00p.m.)
diaryTB : 0CM : 0

copyright © 2009 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。