日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 雪掘りボランティア-3日目-(2011-02-12 Sat.) ]
2011-02-27(Sun) 05:40:58
3日目・・・笹団子作りと酒蔵見学、そして帰京

3日間のボランティアのうち、実際の雪掘り作業は昨日の一日のみ。
それほど酷い筋肉痛にもならず、これならもっと雪掘りやりたい!という気分のまま、
この日は地元の人たちのふれあい中心のメニュー、そして帰京。


酒蔵見学 酒蔵見学 酒蔵見学
<地元の酒蔵の見学>
夕べ、宿舎での夕ごはん時に飲ませてもらった酒の酒蔵。


笹団子作り 笹団子作り 笹団子作り

笹団子作り 笹団子作り
<笹団子作り>
笹団子作りと言っても、もうすでにいろいろな材料は準備してあったので、
笹の葉に団子を包むだけの工程、といったところ。。
包むだけ、と言っても、なにげにその包むのが少々難しく、最後はやはりおばちゃんにチェック
してもらった。


この日は東京に帰るってこともあり、この後は地元の温泉に入って、昼ご飯を食べてから早々に
帰宅の途へ。

雪景色の信濃川
<雪景色の信濃川>


今年は20数年ぶりの大雪、豪雪で、地元の方々も相当に苦労したそうだ。
特に1月末までのそれは本当にヒドく、災害救助法の適用がされてホッとしたとか。
災害救助法が適用されると、家の近くの入れるところまでブルがやってきて、一気に除雪を
やってくれるんだとか。

ここも地方の過疎の町。
ご多分に漏れず、ここも高齢化が進む。近く、地元の小学校も廃校になると聞いた。
若者はどんどんいなくなり、人出と体力が必要な雪掘りは残された高齢者にとっては非常に
ツラく厳しい作業だ。

我々はボランティアとして、それもわずか1日、体験学習程度でやった雪掘りでも、彼らに
とってはとてもありがたかったという。

心のどこかに軽い気持ちで乗り込んだ部分があり、反省しきりだった。

もしもまた、来年も行ける機会があるんだとしたら、また参加してお手伝いさせてもらいたい
と思った。

(Cloudy/Snow)
<11.02.27 Sun. 05:40a.m.>
スポンサーサイト
diaryTB : 0CM : 0
  [ 雪掘りボランティア-2日目-(2011-02-11 Fri.) ]
2011-02-27(Sun) 03:27:01
2日目・・・終日、雪掘り

雪掘りを始めればすぐに暑くなるよ、と言われつつも、そうは言っても外はとても寒い。
上下ともにスキーウェアを着てバッチリな装備。

それが過剰な装備だと気が付くまでに、そう時間はいらなかった。。。

早朝の散歩 早朝の散歩

早朝の散歩 早朝の散歩
<早朝散歩-改めて雪国へ来たという実感->

除雪作業前 除雪作業中 除雪作業後
<除雪作業前→作業中→作業後-ここまで2時間くらい->
作業開始2分で、さっき着てきたウェアを脱ぎ、ほぼTシャツのみでの作業に。

除雪ブルのパワーはすごし
<除雪用ブルのパワーはすごい。>
人間30分の作業をあのバケット1杯で済ませちゃう。

雪捨て場?にはものすごい量の雪
<空き地はとんでもない量の雪>

除雪道具-スノーダンプ-
<これが除雪道具-スノーダンプという->

午後の現場は宿舎そのもの 屋根に積もった雪を下ろす
<午後は宿舎の屋根の雪下ろし>

除雪作業前 除雪作業開始
除雪作業中 除雪後(翌日)
<除雪作業前→開始時→
作業中→作業後(翌日)>
-見た目には変わってないようだけど、かなりしんどかったんだから!

夜食にお餅をつくらしい
<夜食はお餅>

雪国の夕焼けは美しい
<雪国の夕焼けは美しい>

焼きおにぎりが美味いんだ お餅がつきあがり


メーター単位で積もった雪は、やはり掻くと言うより、掘るという作業に近い。
この新潟地区で、雪掘りというその理由がやってみて初めて分かった。
掘っても掘ってもなかなか減らない雪。
高齢化が進む街で、これを雪が降る度にやらなければならないその大変さというか。。

・・・一日だけでなく、もっとたくさんお手伝いがしたいと思った。

(Cloudy/Snow)
<11.02.27 Sun. 03:30a.m.>
travelTB : 0CM : 0
  [ 雪掘りボランティア-1日目-(2011-02-10 Thu.) ]
2011-02-27(Sun) 01:48:25
2月10日~12日の3日間、新潟・高柳町というところへ雪掘りのボランティアに
行ってきた。

新潟の人たちは(?)、一般的に『雪かき』とは言わず、『雪掘り』というらしい。
その所以は、実際に作業してみて初めて分かったことであるが。。。

そのときに撮った写真の一部を。


1日目・・・移動日&翌日、雪掘り時に使う、かんじき作り。

CIMG4215.jpg
<朝8時半東京発、一路新潟へ>

CIMG4217.jpg
<関越トンネルを越えると一面銀世界>

CIMG4223.jpg
<今年は災害レベルの豪雪のようです>

CIMG4228.jpg CIMG4231.jpg CIMG4235.jpg
<かんじき作り。深い雪の中ではかんじきは重要アイテム>

CIMG4245.jpg CIMG4246.jpg
<まさに豪雪!これでも最盛期より1m少ないんだとか>

CIMG4242_20110227015414.jpg CIMG4263.jpg CIMG4260.jpg
<茅葺きの屋根の宿泊>

CIMG4281.jpg CIMG4283.jpg
<外はしんしんと雪が降り続きます>


明日はいよいよ『雪掘り』の本番。
どんなにツラいのか、大変なのか、期待と不安が入り交じる。。。

(Snow)
<11.02.27 Sun. 01:50a.m.>
travelTB : 0CM : 0
  [ 白川郷&高山から帰還! ]
2011-02-15(Tue) 00:00:00
昨日、岐阜県の旅行から帰ってきました。

12日までの新潟での雪掘りボランティアに引き続いて、またしても
懲りずに雪国へ!


全県制覇まであと1県のみと迫って、いよいよ最後に訪れることに
なったのがこの岐阜県。

日本の原風景を残すと言われる、あの世界遺産にもなっている
白川郷に最後に訪れる辺り、なかなか粋でしょ!?(こじつけ)


合掌造りの家屋が建ち並ぶ白川郷は、この時期の週末に限って、
夜間ライトアップをしているというので、幻想的な景色を見に行って
参りました。

2月に入ってから寒さも少し和らいできたようではあるものの、そうは
言っても外はまだまだ寒く、まして、白川郷を一望できる展望台に上る
とさみぃのなんの。


でも、その分、とてもステキな景色が望めました。

白川郷 白川郷
<白川郷・世界遺産の合掌造り>

高山で1泊し、次の日は高山の街散策。

さるぼぼや高山祭りで有名な街も一通り歩き回って、おみやげに
朴葉みそも調達し、とりあえず、白川郷&高山はOKてなとこです。

高山
<高山・古い街並み>

そこから一気に東京を目指したわけですが、思いもかけず、東京でも
大雪。

なんだったら、新潟~岐阜のこの1週間の雪国ツアーの中でも最も
強い降りだったかもしれないなぁ。
案の定、積雪もしたのでした。


さて、とりあえず、これにて日本全国の旅行については、全県制覇達成!

これからは取りこぼした観光地や、まだまだ行き足りないところが
たっくさんあるので、そこらをぼちぼち埋めていこうとおもっちょります。

(Sunny)
<11.02.16 Wed. 02:40a.m.>
diaryTB : 0CM : 0
  [ 雪掘りボランティアから帰還 ]
2011-02-12(Sat) 00:00:00
夕方、新潟の豪雪地帯・高柳町から無事に帰って参りました。

関東辺りでは一般に、『雪かき』というものを現地では『雪掘り』
というそうだが、いやはやその意味がやってみて初めて分かった。

たしかに、『かく』と言うより、終始『掘って』ました。

先週も土を掘ったばかりで、まさか今週も掘るとは。。

かやぶきの家 かやぶきの家
<宿泊はこのかやぶき屋根のおうち>

積雪は現在も2m超。
いくら豪雪地帯とはいえ、これほど降るというのは珍しかったそう。
一番は1月末までの寒波襲来のときで、掘っては積もり、の繰り返し
で、それはそれは大変だったとのこと。

たかだか一日、雪掘りの体験学習程度のお手伝いだったけれど、
自分が雪掘りしたお宅の老夫婦はいたく感謝感動されたのだとか。
喜んでもらえたのであれば、たかだかお手伝いでも嬉しい限り。

でも、せっかく行ったのであれば2日間くらいやりたかったな。。
だいぶ中途半端なまま終わらせて来たところもあったので。。

また来年、行く機会があれば行ってみようかと思い始めたところです。

とりあえず、帰還のご報告まで。

豪雪の高柳町
<周囲はうずたかく積もった雪、雪、雪>

(Rain)
<11.02.13 Sun. 01:10a.m.>
diaryTB : 0CM : 0
  [ 第11回 全国穴掘り大会 ]
2011-02-06(Sun) 00:00:00
日曜日、千葉は成田ゆめ牧場で開催された、掘削屋とかく土木屋、
ことさら管工事屋垂涎のガチ競技大会、『第11回 全国穴掘り大会』
に参加して参りました。

今年で2年連続2度目の参加。
今年は昨年の反省点、①むやみに掘削溝を拡げない、②穴は垂直に掘る、
この2点をしっかり守ることを決め込んで、あとは参加者(作業員たち)の
やる気だけに期待しての参加でした。

全国穴掘り大会のルールは簡単。
制限時間30分でどこまで深く掘れるか?
ただ、それだけ。


今回、成田ゆめ牧場から発注されたこの工事に対し、チーム○○の
精鋭達6名(当日欠席者1名につき、5名)が集い、穴掘り掘りんぐなのだ。


幹事役を仰せつかったワタクシは、朝8時半には現地に到着。

受付~掘削場所の抽選~(途中から現場代理人合流)~道具チェックまでを
済ませ、工事開始の10時半を待つ。

まずは受付 場所決め抽選
<まずは受付~そして、場所決めの抽選へ>

用具チェック 用具チェック
<さらには掘削前に用具のチェック!>


今年は昨年よりもテレビの数が多く、NHKや何コレ、リアルスコープ
が来てたらしい。

テレビの中継も来てます
<今年はテレビが多いこと!>

ゴールデンスコップ! 優勝賞金は10万円!
<優勝者には、賞金10万円と、なんとゴールデンスコップ!>


作業前ミーティング
<作業前ミーティングも欠かしません>

10時半。
掘削、一斉スタート。


その後30分間の勇姿は、動画でどうぞ。
あますところなく。
真実の姿を。
そして、誰がサボっているのかを、我が目で確認を!

[広告] VPS

<30分間の勇姿をご覧あれ!>

11時。
掘削終了。

掘削作業後
<作業後。もうクタクタ。。>

これから計測に入るわけだが、その結果が出るまでの3時間余り。

ジンギスカンやったり、竹馬(子どものあの頃はできたのに。。。)
やろうとしてできなかったり、アーチェリーやったり、パターゴルフ
でワタクシ優勝したり。

ジンギスカン アーチェリー パターゴルフ
<ジンギスカンと、食後の軽いような重いような運動>

14時半。
表彰式。

表彰式
<表彰式>

ピッタリ賞だとかユーモア賞だとかいろんな賞がある中で、結果、
なんにも賞はもらえなかったものの、昨年よりも全208チーム中、
60ランクほどアップの60位前後に大躍進!

来年こそは、当初出場時からの目標の2m超えを目指すぞ!

出場した作業員各位、お疲れ様でした!!
今年の作業班は最高でした!また来年もがんばりましょー♪

1位の穴=326cm!
<これぞ1位の穴。なんと326cmもあるとか!>

(Sunny→Rain)
<11.02.09 Wed. 00:40a.m.>
diaryTB : 0CM : 0
  [ 今さらながら ]
2011-02-05(Sat) 23:51:28
今週ピークを迎えたというインフルエンザ。
その予防接種を今さらながら、きょう、受けてきた。

なぜなら会社でインフルに感染した人がおり、その感染リスク
は決して低くないこと、今週~来週はウィークデーはどうでも
いいが、週末はカゼを引いてはいけないこと、などの理由から。

ちなみに今週末の予定
成田ゆめ牧場にて『第11回 全国穴掘り大会』に参加。

来週の予定
新潟・柏崎の山あいの集落に雪かきというか、雪掘りボランティア。

続いて、白川郷と高山に旅行。


ということで、ゼッタイ風邪を引いたらいけないのです。


明日は2年連続出場の穴掘り大会。
6人1チーム、市販のスコップを使い、制限時間30分でどこまで
深く掘れるかを競う。
単純だけどバカっぽい、こんな企画大好き。

大会の結果は明日のこの時間ね。

明日は早起きなので、そろそろ休むことにします。

(Sunny)
<11.02.05 Sat. 11:50p.m.>
diaryTB : 0CM : 0

copyright © 2011 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。