日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ タヒチ&イースター島・新婚旅行3/8日目 ]
2008-09-15(Mon) 00:00:53
9月14日深夜、イースター島へ向けてホテルを出発。
これから、自分が一番楽しみにしているイースター島へ行く。

いざイースター島へ! 旅はLAN航空で さらに東へ


タヒチからさらに約4,000km東にある絶海の孤島イースター島。
現地の言葉、ラパ・ヌイ語ではラパ・ヌイと言う。
ちなみに、スペイン語では、Isla de Pascua(イスラ・デ・パスクア)と言ったりもする。
現地では、後からやってきたヨーロッパ人によって広まった『イースター島』よりも、
『ラパ・ヌイ』の方を好んで使うようだ。


イースター島という島の名の語源は、かつてこの島を発見したオランダ人が、イースターの日
に発見したため、「イースター島」と名付けたのだそう。


タヒチ時間の深夜1時頃、タヒチ発。
5時間の飛行時間を経て、とうとう上陸したイースター島。

念願の地だ。
おそらく、一生で一度しか来られないだろうところでもあり、そう考えると感動もひとしおだ。

イースター島到着 イースター島上陸 マタベリ国際空港にて

現地の観光ガイドの最上さんは、現地に住んで10年になるのだそう。
これから3日間、最上さんのガイドでイースター島をくまなく案内してもらうことになる。

イースター島とタヒチとの時差は、4時間。
日本との時差は-15時間らしいが、ここまで来ると、もはや体内時計の調整機能など
働きもしない。

タヒチ時間にカラダが合ったかと思えば、すぐにイースターで-4時間。
カラダも疲れてるわけだ。

イースター島全図


現地時間の朝、イースター島に到着したが、そのまま15時頃までホテルで休憩時間を
くれた。

お世話になる Hotel Tahatai

午後からは島の南部にあるラノカウ山周辺を中心に観光をすることに。

それまでの間、ホテルにて昼食を取ったり、近所を散策したりして時間を過ごす。

イースター島は、ガイドブックにもあったとおり、風が強い。
いや、強いなんてもんじゃない、とんでもなく強い。
いつも暴風が吹いていると言っても過言ではない。

ガイドの最上さん曰く、絶海の孤島であるが故、南極から直接風が吹き付けるため、
なのだという。

う~む、なるほど。

また、気象も非常に変わりやすい。
この辺りは、熱帯性のスコールみたいなもんで、ザーッとものすごい雨が降ったかと
思えば、あっという間に晴れ間が覗く。

天気予報はこの島にはなく、あってもいつも、「晴れときどき曇りときどき雨」なのだとか。
そんな天気だから、虹もよく見られ、3日に1度は虹が見られるという。


さて、そんなこんなで、15時。
初日の観光が始まった。

まず向かうのは、島民4千人のほとんどが暮らすハンガロア村が一望できる高台。

かつては最大で2万人ほどがこの島に住み、人が増えすぎたせいで部族間の争いが
起こり、悲惨な出来事があったともいう。

現在、この島の人口の3分の1は、学生であり、非常に若い島だ。
今後、彼らが大人の世代になった頃、人口が急増するだろうとも言われているとのこと。

ハンガロア村遠景

さて、次は、大きなカルデラ湖をたたえるラノカウ山へ。

イースター島は火山島であり、島には3つの火山がある。
そのうち、このカルデラ湖は島最大のものだという。

空の色によって、空の色を写すこのカルデラ湖の色も変わる。
この日は、少々曇り気味ってこともあり、微妙に薄暗い感じの色になっていた。

カルデラ湖・ラノカウ かつての住居跡




カルデラ湖をぐるっと回った辺りに、オロンゴ儀式村がある。
かつて、鳥人を信仰する、鳥人信仰があったが、その時代の儀式を行なったところだ。

断崖絶壁と、さきほどのカルデラ湖。
大変景色がよく、気持ちがいいものだが、いかんせん風が強い。

オロンゴ儀式村

この日初めてのモアイは、アフビナプだ。

ちなみに、『アフ』とはモアイが立っている祭壇のことで、モアイ見学のときはこのアフ
に立ち入ってはならない。

不用意に立ち入ると祟りがあるとかないとか。

初めてこの目で見たモアイは、倒れているけれども非常に感動的だった。
そして、モアイってかなり巨大な石像であるってことも分かった。

しかし、これを一体どうやって運んだんだろう。。。

アフビナプのモアイ プカオ

ここまで来たところで、一旦、ホテルに帰り、そして、再び外出。
サンセットツアーに出発。

ハンガロア村から一番近い遺跡のタハイ遺跡に向かう。

微妙に曇り空で、キレイな夕陽が見られるか少々不安であったが、この夕焼けのモアイは
一番感動したと言っても過言ではない、それほどの美しさだった。

夕焼けに染まるタハイ遺跡のモアイ 夕焼けのモアイ

明日は、島の北部に向かい、モアイの製造工場などなど、モアイづくしの一日だそうだ。

(Sunny/Rain)
(08.09.30 Tue. 07:00p.m.)
関連記事
diaryTB : 0CM : 0
タヒチ&イースター島・新婚旅行4/8日目HOMEタヒチ&イースター島・新婚旅行2/8日目

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hidenaka.blog1.fc2.com/tb.php/1450-8c1765aa



copyright © 2017 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。