日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 西九州旅行-第1日目-長崎市内 ]
2010-05-14(Fri) 00:00:00
5月14日~16日にかけて、先日の東九州旅行に続いて、今度は西九州旅行に
行ってきた。
今度は、長崎~佐賀~福岡の旅。ちょっと、行程的にかなり厳しいので、
駆け足旅行は必至。。。

西九州旅行-旅程-


★羽田空港 8:00a.m.
長崎空港へ向けて羽田を発つ。
先日の大分空港行きよりお客さんが多く、やっぱり長崎は観光に出張に
行く人が多いんだな~と実感。


★長崎空港 10:10a.m.
空港の到着ロビーに着くや、すぐ目の前に、どでかいチャンポンが!
さすが長崎です。
ちなみに、ベンチ(?)はカステラになってた。。。

長崎・特製カステラ&ちゃんぽん


早速、レンタカーを借りだし長崎市内へ向かって出発。


長崎市内に着いたのは、11時過ぎ。
きょうは、一日、路面電車に乗って市内観光の予定なので、乗ってきたクルマを
チェックイン前のホテルに強引に停める。
タクシーで長崎駅まで出てきて、いよいよ長崎市内観光の開始。

長崎・路面電車


★長崎・昼食にトルコライス 1:00p.m
市内観光を始めるに辺り、気が付けばもうすでにお昼を過ぎてしまっているので、
ここは長崎名物・トルコライス!
「大人のお子様ランチ」のようなものだけど、このゴッチャリ感がとても美味し!

長崎・トルコライス 長崎・トルコライス


★長崎・めがね橋 1:30p.m.
まず始めの観光地は、めがね橋。
日本初の石造りアーチ橋とのこと。日本のアーチの先駆けってことですね。

長崎・めがね橋 長崎・めがね橋

水面に反射した格好が如何にもメガネのようであり、めがね橋と言われるようになったとも。


どうもこの時期は修学旅行のシーズンらしい。
連休明けの平日だから一般の観光客は居なくとも、ものすごい数の中学生!
写真の邪魔じゃー!


★長崎・グラバー園 2:30p.m.
長崎と言えば、このグラバー園か原爆かっていう二大観光地の一つ。
南山手の山頂にある公園には、麓からもちろん歩いても行けるけど、ここは横着して
エスカレータで向かうことに。

ここグラバー園は、かつての外国人居留地だったところで、公園として整備したときに
長崎市内に残っていた洋風館を移築復元したところ。

各所に優美な住宅が並ぶ。

長崎・グラバー園 長崎・グラバー園

この日は、陽気のいい快晴の日で、吹き抜けるが風がとても気持ちよかった。
かつてこの住宅で暮らした人たちって一体、どんだけ優雅だったんだか。

長崎・グラバー園


★長崎・大浦天主堂 3:40p.m.
グラバー園のすぐ隣には、大浦天主堂。
グラバー園ですでに予定の時間よりもちょっと押し気味になってしまったので、ここは
駆け足気味で見学。

大浦天主堂は、現存するキリスト教建築物では最古という代物。
実はそんなこと気が付かずに見学したけれど、内部のステンドグラスはやっぱりキレイ
だったな。写真撮りたかったけど、禁止ってことだったので諦め。

長崎・大浦天主堂


★長崎・オランダ坂 4:00p.m.
市内観光はまだ半分も消化していないのに、もうすでにバテ気味だったりしてたりして。。

坂ばかりの長崎の街をてくてく歩いて着いたのはオランダ坂。
ここが想像以上の坂!疲れた足腰に相当答えそうな坂!

長崎・オランダ坂


上った先に一体何があるのか分からないけど、とにかく、坂に来てしまったからには上ら
ないわけにゃいかないもんね。

上りましたさ、無心で。

その結果、何もない、ってことが分かりました。とさ。。。

長崎・オランダ坂


★長崎・東山手洋風住宅群 4:20p.m.
何にもなかったオランダ坂からはすぐ近所に、この洋風住宅群がある。
長崎市内にはこんな住宅が結構保存されているような感じで、ここにも7軒保存されてる。

まぁこれと言って・・・これと言ってだね。。。

長崎・東山手洋風住宅群 長崎・東山手洋風住宅群


だいぶ長々と序章があったけれど、これからが正真正銘の本番、長崎で一番行ってみたかった
ところ。

原爆資料館や平和祈念像、一本柱鳥居などの戦跡巡り。


グラバー園などがある山手地区から電車に乗って一気に市北部の浦上地区へ。



★長崎・原爆資料館 5:00p.m.
ここが長崎の数ある観光地の中で、最も来てみたかったところ。

館内には、原爆投下時の遺品・残骸の数々。
「その時」を示したまま止まった時計や、曲がった鉄骨、破壊された教会の写真や、
被災者の写真。。。

展示されたそれは、悲惨そのものだ。

世界で2番目に原爆の被害にあった地。
今の繁栄は、この悲劇の元にあるんだということを改めて思い知るに至るものだった。

長崎・原爆資料館 長崎・原爆資料館


★長崎・原爆の爆心地 5:50p.m.
長崎原爆「ファットマン」は、ここの上空500mで炸裂。
瞬時にあらゆるものを焼き尽くし、破壊し尽くした。

ちなみに、見に行った当日は、修学旅行生の集まりがあって、集会をやっていたので、
最もいい位置での写真が撮れず。。。

長崎・原爆の爆心地


★長崎・平和祈念像 6:00p.m.
戦争を二度と繰り返さないように願いを込め、右手は原爆の脅威を、左手は平和を、
閉じた瞼は原爆犠牲者への冥福を祈る、平和祈念像。

否応なく厳かな気持ちになる。

長崎・平和祈念像


★長崎・浦上天主堂 6:20p.m.
ここにも原爆に被災したものが各種展示してあるようだが、すでに時間切れ。
夕陽を浴びた天主堂の美しい姿がものすごく印象的だった。

長崎・浦上天主堂


★長崎・一本柱鳥居
浦上天主堂からここまで、地図を見たらおよそ15分程度とのこと。
もはや歩きすぎて痛い足を引きづりながらやっとこさ到着した、この一本柱鳥居。

原爆爆心地から900mも離れているっていうのに、鳥居の片割れを吹き飛ばすほどの
爆風。想像を絶する爆風。う~ん、信じられないくらい。。。

長崎・一本柱鳥居


ここまでが、長崎市内の昼観光。
ものすごく濃密な一日でした。

足が痛すぎ。
今度から旅の時には万歩計を着けてみようと思うわけだが。。。

さて、この後は、長崎ちゃんぽんと皿うどんを食するため、またしても、山手地区へ移動。

長崎・ちゃんぽん



★長崎・稲佐山公園からの夜景 9:30p.m.
標高333m=東京タワーと同じ高さだというのがびっくりなほどキレイに見える夜景。
さすが、日本三大夜景の一つに挙げられるだけのことがある。

ただし、風が強い!
ものすごく強い。

標高100mで1度、風速1mで1度、体感温度が下がるとすれば、間違いなく、体感温度
は0度近くだったんじゃねーの?ってくらい。

長崎・稲佐山からの夜景


この日は夜景が見えるホテルを取っていたこともあり、適当に写真を撮った後、ホテルに撤退。
あとは暖かいホテルの部屋から夜景を堪能することに。


さて、長い長い長崎観光も、あと残すは出島のみ。
明日は早起きして、出島観光をしたら、佐世保、そして念願の呼子方面へ!



と、ここまでの記事を書くのに3日を費やしました。。。
あと2日分の日記を書くのに、どれだけの時間がかかるんだか。


(Sunny)
<10.05.25 Tue. 06:00p.m.>
関連記事
travelTB : 0CM : 0
西九州旅行-第2日目-長崎~呼子~福岡HOME交通事故記念日

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hidenaka.blog1.fc2.com/tb.php/1760-8528f04b



copyright © 2017 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。