日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 失敗から学ぶ ]
2011-05-30(Mon) 00:00:00
きょう(5月30日付)の日経新聞にとても興味深い記事があった。

原発事故から学ぶ、というもの。

一部引用すると、
人間には自分に都合の良い思考をする習性がある
津波など失敗の記憶も時が経つとなくなる
事故が起きても危険が拡大しない設計が重要
というポイントを挙げた上で、

三陸に住む先人たちが、津波の被害を受けて高台に住み、さらに襲って
来た津波を真正面から受けるのではなく、山の方へ逃がすように防潮堤
を作った事例を挙げている。

それらを現代人は、忘れたわけではなかろうが徐々に徐々に便利な海岸沿い
に住み、波を真正面から受けるよう防潮堤を作った。

そして、今回、それが仇となった。

失敗は、個人は3年で忘れ、組織は30年で途絶え、地域も60年で忘れる。
その事例になったしまった形だとも言える。


もう一つ、記事の中で、十分な失敗経験を積むには200年かかる、と言う。

記事では、ボイラーで200年、鉄道で150年、飛行機や自動車で100年が開発
から経過し、ボイラーでは200年経ってようやく手に負える製品になった、
としている。

原子力は、現在、開発から60年余り。
十分な失敗を得るにはまだまだ時間がかかるということか。


今回の事故を受けて、原子力発電は廃止しようという流れがあるけれど、
自分はこの事故を『失敗学』として十分に教訓として活用し、より安全な
ものに活用していくべきだと思っている。

この事故の代償はあまりに大きく、その影響も計り知れない。
だからといって、ここで原子力を諦めてしまうべきではないと思う。

電力は自然エネルギーで賄う、という方法もあるが、大出力を生み出すには
広大な土地や時間がかかる。

研究や実証はまだまだ始まったばかりのものも多いでしょう。
ならば、いま使っている技術を、この失敗を経て、いまより安全に使って
いかなくちゃならないんだと思う。


きょうの日経新聞の原発事故に学ぶという記事を読みながら、なるほど考え
させられる内容だと思った。

(Rain)
<11.05.31 Tue. 01:30a.m.>
関連記事
diaryTB : 0CM : 0
某つけ麺屋にてHOME間違い電話

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hidenaka.blog1.fc2.com/tb.php/1835-24b3dcf3



copyright © 2017 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。