日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 祝!小笠原・世界遺産登録 ]
2011-07-09(Sat) 21:43:12
先日、6月末に小笠原が世界遺産に登録されました。

東京・竹芝から船に乗って25時間半。
船でしか行けないとてもとても不便なところにその島々があります。


今から10年前、学生時代に父島と南島に行ったことがありましたので、
そのときの写真をアップします。


洋上での日の入り 一路、父島へ
<船から望む夕陽。着くのは明日の昼>

この旅のおかげで船旅が大好きになりました。

一度乗ったら25時間もずっと一緒の人たち。
目的地も目的もほぼ一緒。

船の中で妙な連帯感が生まれてくるのです。


操舵室案内 操舵室案内
<操舵室を案内してくれました>


南島・鮫池 南島・扇池 南島・扇池方向を望む
<南島。ここが素晴らしい>

左の鮫池から島へ入ります。
湾の入口に見えるクルーザーが我々が乗ってきた船です。
島へは小さな船で上陸しました。

真ん中は、扇池の様子。
アーチ状になっている部分は、将来崩落してしまうのでは?なんて言われているそうです。

右は扇池と鮫池の間の高台から撮った、扇池の様子。
この島には日陰というものが存在せず、とにかく暑かったのをよく覚えています。


南島・扇池の海岸 南島・カツオドリ?

左は扇池の海岸。
ここに“ヒラベソカタマイマイ”というカタツムリ?の化石がたくさんあります。

右はカツオドリの雛?
当時は(今も)何か分からず写真を撮りました。


父島近海・ホエールウォッチング 父島近海・ホエールウォッチング
<迫力のホエールウォッチング>

父島近海・イルカと一緒に 父島近海・イルカ
<イルカと泳ぐ>

父島近海はクジラやイルカがたくさんいます。
クジラは水深1,000mくらいの深さの海にいるそうです。
右の写真のように、尾っぽを上げて潜ったときは、1~2時間は水面に上がってこないとのこと。

イルカとも泳ぎました。
イルカには人なつっこく、一緒に泳いでくれる種と、飛んだり跳ねたり芸はしてくれるけど、
一緒には泳いでくれない種とがいるそうです。

自分は聞けなかったけど、イルカ独特の『キューキュー!』って声を聞いた人もいたようです。


父島・ハートロック
<父島・ハートロック>


父島・中央山山頂から
<父島・中央山山頂から>
絶景です。絶景ですが、この中央山は標高319mしかないのです。
東京タワーと同じ高さからこんな景色が見えるってなんだか不思議な感じがします。


父島境浦・沈没船(浜江丸) 父島境浦・浜江丸 父島境浦
<父島境浦・沈没船>
境浦には、戦時中に座礁した浜江丸という沈没船があります。
ここまで泳いでいってシュノーケリングを楽しむことができます。

この頃、まだシュノーケリングの楽しさが分かっておらず泳いでいなかったのがなんとも
悔やまれます。。。

たっくさん魚がいるらしいです。


父島・夕日を望む
<父島望む夕日>
この西の方角約1,000km先に我々が住んでいるわけです。
ここからだともはや東京に帰るよりもグアムに行った方が近いのだとか。


父島を後にする
<父島から帰還>
父島では毎日毎日、魚料理が食べられます。
その代わり、動物の肉は基本食べませんでした。

船が週に1便しかないから、あんまり食べられないんでしょう、きっと。

帰りの船で、1,500円もするステーキを食ってしまったのは、船会社の戦略でしょうか・・・?
あと25時間半も待てば、安く動物の肉が食えるのに、ガマンできないんです。
・・・遠すぎて。


もう二つ、父島でやり残したこと、
夜光茸の『グリーンペペ』が見られなかったことと、カメ寿司(ウミガメ)を食べ損なったこと。

グリーンぺぺは、雨上がりの夜、みんなで探しに行ってみたけど見つけられませんでした。

カメ寿司は、自分は食べたいと主張したんだけれども、同行者がイヤだ、と言って聞かなかった
ので、泣く泣く諦めた結果、今でも後悔しているという。。。


このとき行った小笠原の旅が心にずっと残っていて、それがいまの自分の旅好きにつながって
いる気がします。

こんなに珍しいところに行けたというのが、自分の中で特別な思い出になっていて、思い入れが
深く、今回世界遺産に登録されたことが、余計に嬉しかったりもします。


もう一度行ってみたいなぁ。
25時間半かけて。。。


父島写真集
↑これも合わせて見てみてくださいませ。

<11.07.09 Sat. 09:40p.m.>
関連記事
travelTB : 0CM : 0
セミはまだかぁ~?HOME今年はやさぐれない!

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hidenaka.blog1.fc2.com/tb.php/1845-5555b6b1



copyright © 2017 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。