日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 福岡長崎周遊旅行-2日目その1(2013.3.24 Sun.)- ]
2013-04-17(Wed) 01:31:52
周遊旅行2日目。

この日は福岡でクルマを借り出して、
柳川~大牟田~長州・・・(船)・・・多比良~島原~長崎
という盛りだくさんな行程。

興奮の一日で写真盛りだくさんなので、2回に分けて旅日記アップします。

---------------------------------------------------------

朝8時、博多祇園でレンタカーを借りだし、まずは水郷の景色が広がる
柳川へ。

実はこの街、今回の九州旅行の計画を立てるときに地図を見ていたら、
やたらと水路の多い街があるのに気がついて、気になった町。

調べてみると、水郷の景色で有名だ、ということだったので、
行ってみたというわけ。

1時間ばかり町を散策してみたけれど。。。
まだ自分の歳ではこの町を満喫するには早かったみたいだ。

柳川・水郷の風景 柳川・水郷の風景
<柳川・水郷の風景。
のんびり船下りもいいね、あと数十年後なら。。>

柳川・日吉神社
<柳川・日吉神社。地元では有名なのかな?
ふらふら散策してみました>

柳川・日吉神社 柳川・日吉神社
<地元民数名以外、ほとんど人がいなかったけど、
それがまた地元っぽくてよかった>


というわけで、続いて大牟田へ。
この大牟田には10年来行ってみたかったところがあり、ようやく念願叶った。

その場所とは・・・「三井三池炭坑」。


この大牟田という町は、かつて石炭の町として栄えたところだ。
エネルギーの転換とともに町の勢いは衰退してしまっているようだけれど。

そんな大牟田で産業遺産巡りをしてきた。


まずは石炭と炭坑の勉強のために「石炭産業科学館」へ。

大牟田・石炭産業科学館
<大牟田・石炭産業科学館>

想像通り、マニアックな科学館だけに、日曜日の昼だっていうのに、
来館者は自分のほかにあと2人だけだった。。
まぁ、そんなもんだよね、きっと、笑)。

大牟田・石炭産業科学館 大牟田・石炭産業科学館 大牟田・石炭産業科学館
<石炭の掘り方!>

ここで炭坑の技術や歴史、大牟田のかつてをきっちり身につける。
その後はこの石炭産業科学館で石炭遺産の情報を仕入れたので見に行った。


まずは、三井三池炭坑旧宮原坑へ。

三池炭坑旧宮原坑とは。。。
福岡県大牟田市にある。
1898(明治31)年に第一竪坑、1901(同34)年、第二竪坑が完成。
年間40~50万トンの出炭を維持した明治~大正の主力坑で1931(昭和6)年閉坑。

三池集治監(今の刑務所)に収監されていた囚人の労働力を利用するために
つくられたもので、囚人たちからは、その厳しい労働から別名「修羅坑」とも呼ばれた。
1930(昭和5)年、国で坑内での囚人労働が禁止されたことを受けて、翌年には、
宮原坑も閉坑となった。現在は、第二竪坑の施設のみが残されている。

大牟田・三井三池炭坑旧宮原坑
<三井三池炭坑旧宮原坑全景>

 大牟田・三井三池炭坑旧宮原坑
<右側の窪地は、かつて石炭運搬列車線跡地>

大牟田・三井三池炭坑旧宮原坑
<この地下160mで石炭を掘り出していた>


続いて訪れたのが、三井三池炭坑旧万田坑。

三井三池炭坑旧万田坑とは。。。
宮原坑の南約1.5kmにある坑口、熊本県荒尾市にある。

三井の総力を挙げて整備された、わが国最大規模の竪坑。
1902(明治35)年に第一竪坑、1908(同41)年に第二竪坑が完成。

年間60~80万トン超を出炭した大正~昭和初期の主力坑も、1951(昭和26)年、
採炭効率の低下のため閉坑、第一竪坑などの諸施設を解体。
現在は、その後も第二竪坑は揚水や坑内管理のため維持された第二竪坑の
諸施設が残されている。

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<万田坑全体案内図>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑 荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<万田坑第二竪坑。櫓の高さは、約18.9m>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑 荒尾・三井三池炭坑旧万田坑 荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<櫓の直下には坑口。ここから採炭場は地下約270m>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<櫓の操作室?>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<右手前は人や資材を乗せた貨車。奥は石炭を積んだ貨車>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<風呂場>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑遠景
<沈殿池>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑 荒尾・三井三池炭坑旧万田坑変電所
<煙突の台座2本>



荒尾・三井三池炭坑旧万田坑 荒尾・三井三池炭坑旧万田坑 荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<第二竪坑内部の吊下げ用ワイヤーと深度計>

荒尾・三井三池炭坑旧万田坑 荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<当時の職場。工具たちもそのままの状態>


荒尾・三井三池炭坑旧万田坑
<万田坑の全景。
奥の櫓は第一竪坑で既に解体済>



この後は有明湾を渡るフェリーに乗って、島原半島へ渡ったのだけど、
それ以降については、その2へ続く・・・。

<13.04.22 Mon. 00:20a.m.>
関連記事
travelTB : 0CM : 0
福岡長崎周遊旅行-2日目その2(2013.3.24 Sun.)-HOME福岡長崎周遊旅行-1日目(2013.3.23 Sat.)-

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hidenaka.blog1.fc2.com/tb.php/1940-9e433c8c



copyright © 2017 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。