日々のできごと

日々日記&旅日記 適当な感じでつづってます
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 福岡長崎周遊旅行-3日目その2(2013.3.26 Mon.)- ]
2013-05-12(Sun) 02:08:55
やっと3月の旅行記が書き終わるー。

---------------------------------------------------------

3月26日の午前中、この旅のメインイベント軍艦島ツアーが終わり、
いよいよ旅も終わりに近づく。

昼ご飯を去り際の長崎、四海楼のちゃんぽんを食べる。
このちゃんぽん、実は数年前に長崎を訪れたときにも食べたのだが、
あんまりの美味しさに味が忘れられなかったもの。

全国チェーンの○ンガーハットっとは、やっぱり何かが違う。

四海楼 四海楼のちゃんぽん
<長崎ちゃんぽんの老舗 四海楼>

さて、これで長崎に別れを告げ、つづいてクルマを飛ばして行った
のは、佐賀県の玄海・唐津地方。

ここでこれまた前回の旅行の時に感銘を受けた、イカの活作りを
食らおう、というもの。

でも、呼子に着いたのはまだ15時。


時間をつぶすところはないかと脳内地図を検索。。。


看板に「玄海」の文字を見つけて思いつく。

そうだ、玄海原発へ行こう。


やってきたのは「玄海エネルギーパーク」。

玄海エネルギーパーク
<九電 玄海エネルギーパーク。
お客さんはゼロ、一瞬休館日かと思ったくらい。>

平日月曜日の昼下がり、駐車場はほぼガラガラ。
お客さんは皆無。いるのは原発工事関係者のみ、という状態。

そんなガラガラの状態でも、案内係のオネイサンは優しく出迎えて
くれた、しかも4人で。

その中から1人の美人なお姉さんがエネルギーパーク内をマンツーマン
で付き合って親切に玄海原発について教えてくれた。

玄海原発模型
<4号機の模型>

通常値
<“あの日”まで気にすることも知ることもなかった
“μSv/h”という単位>

この玄海原発は加圧水型原子炉(PWR)を採用していて、福島の沸騰水型
原子炉とは仕組みが違うこと、構造的に難しく建設コストもPWRの方が
かかるけれど、放射線管理の観点から言うと、こちらの方が優れて
いること、現在は4つすべての原子炉が停止していることなど、
懇切丁寧に教えてくれた。

ちょっとした地元ネタなんかも交えながら。。笑)

玄海原発 原子炉格納容器 制御棒
<原子炉実物大模型と制御棒>

5重の壁
<原発を守る5重の壁>

玄海原発 玄海原発の現在
<全号機停止中の玄海原発>


1時間ちょっとで見学を終えるつもりが、あまりに夢中になりすぎて、
2時間ほど滞在。


17時を過ぎてしまったので、慌てて呼子に戻って、旅の締めくくりの
イカの活作りコース2,800円!

新鮮なイカのため、まだ踊るイカを目の前にして、少々怪しい笑みを
浮かべながらのお食事。

あまりの美味しさにほっぺたが落ちそうだったよ!

呼ぶこと言えばイカ
<呼ぶこと言えばイカ!>

イカ! 最後はゲソ天!
<イカ活き造りコース。ゲソはゲソ天にしてくれました>

と、これにて福岡長崎周遊旅行終了~。
軍艦島の想像以上のおもしろさに感動の旅でした。

<13.05.08 Wed. 01:40a.m.>
関連記事
travelTB : 0CM : 0
富士芝桜まつりHOME福岡長崎周遊旅行-3日目その1(2013.3.25 Mon.)-

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://hidenaka.blog1.fc2.com/tb.php/1943-ae2b59c9



copyright © 2017 日々のできごと. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。